夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本百名山 : 御嶽山 (前編)

<<   作成日時 : 2010/07/25 17:28   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

 
7月23〜24日 濁河温泉から御嶽山へ ・・・

此処からの登山の最大の特徴は登山ツアー(30名程度の団体)はいない、理由は大型バスは通行禁止、その為、個人か小グループの登山者のみ、また五ノ池小屋を基点にして3〜4峰と五池の探索が出来る事、朝日と夕日が綺麗に眺められ、山小屋の市川さんとスタッフが素晴らしくアットホーム的、トイレも綺麗で匂いなし、ヘリコプターで下界へ降ろして処理されているからです。

行程: 自宅03:33→飛騨清見7:53→9:45濁河温泉駐車場(約1750m)10:07→11:46のぞき岩(昼食)12:06→14:03五ノ池小屋(2800m)14:23→14:56継子岳(2859m)15:06→15:47五ノ池小屋15:57→16:20三ノ池16:32→五ノ池小屋16:59 ・・・ 夕食・団欒後就寝20時過ぎ、平日の金曜日ですが宿泊客は30数名、本日の歩行は18,964歩

深夜料金利用の午前4時前には近くの山陽自動車道のインターに入り名神〜東海北陸自動車道〜中部縦貫の高山清見道路を経て高山から南下して濁河温泉へ・・・カーナビ利用は便利で推奨コースを選んだのは良いが、秋神温泉から、とんでもない悪路・落石・恐怖・心細い山の中を走り精神的に疲れましたが濁河温泉駐車場に着けば、全て忘れて・・・ いざ出陣

画像

先ずは案内板を参考にして、但し剣ヶ峰から一ノ池を回り二ノ池新館までのお鉢めぐりは自分で書き入れました
画像

登山カードを提出して山道に・・・さぁ〜これから約4.5kmで高度差約1,000m↑アップアップするのではなく元気で上昇しましょう 
画像

画像

仙人橋(約1850m)〜海抜2000mの七合目〜ジョーズ岩を見上げて
画像

此の辺りから段々と登りが・・・苦しいのが楽しみと思って頑張れ!
画像

湯の花峠(約2060m)を過ぎ、のぞき岩(約2280m)にて11:46〜12:06まで昼食
画像

画像

8合目・お助け水(2450m)ですが、何処にお助け水が有るのか?
画像

画像

海抜2500mを過ぎると森林限界の世界でハイマツ帯、直射日光を受けるが爽やかだ、飛騨頂上が見えそうで見えないが後約1時間ぐらいか?
画像

画像

段々と大きな岩が現れだした、中には雷鳥岩と書かれたのもあり、此のあたりで雷鳥が見られるかと見渡すが・・見つけられない
画像

画像

画像

飛騨頂上(2811m)と言っても五ノ池小屋の直ぐ傍 
画像

五ノ池小屋(2800m) に14:03到着、すぐさまバッグをデポして14:23 継子岳へ向かう途中に高山植物の宝庫・四ノ池が、その広大な湿原を見下ろしながらの稜線歩き
画像

画像

石のガレバを登り 
画像

何故か石が立っている・・・どうして?   
画像

継子岳(2859m)には30分ほどで到着、此処からの眺めでは、一番最初に見えるのが手前の乗鞍岳、其の後方には槍ヶ岳と奥穂高岳
画像

振り返ると五ノ池小屋の飛騨頂上〜摩利支天山〜剣ヶ峰が・・・全てが素晴らしい眺望だ
画像

継子岳付近で見かけた花 
画像

画像

画像

画像

再び五ノ池小屋に戻り、今度は鮮やかなエメナルドグリーンの三ノ池へと向かっている時、何か小さな小鳥の鳴き声が聞こえ、辺りを見渡すと・・・いました〜 雷鳥の雛だと思いますが ・・・
画像

20分ほどで池へ降りて来ましたが、その間の道は大小の岩の中を歩きます
画像

三ノ池はエメナルドグリーンなのですが、今は池の半分に青空の色が映り青空色で残り半分がエメナルドグリーンに見えます
画像

三の池の周辺で見かけた花 
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

再び小屋へ戻りタオルで体を拭き着替えをして夕食ですが、山特有の夕立ちで大粒の雨、土砂降りですが数分で終わり、アッという間に晴れ間が・・・食後同じテーブルのご夫妻と山の話で盛り上がり・・・うっかり日没の夕日が白山辺りに沈んで行くのを見忘れていたが、誰かの夕日が綺麗だぁ〜・・・の声で直ちに外へ出て撮影・・・来るのが遅かったが
画像

登山初日が終わり8時過ぎには床につくが、寝つかれず23時・24時・1時と刻々と時間が過ぎる、前日も殆ど寝てないのに、何故か眠気がしない・・・ 明日は4時半には起床なのに、睡魔を早く来て頂戴


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
寝不足のまま翌日を迎えるのは確実な様相ですが、
素晴らしい眺望をありがとうございました。
う〜さんは天気予報を見て出かけるので、
いい眺望であることは確実に保証されているようなものですね。
後編も素晴らしいことでしょう。
アルクノ
2010/07/25 20:10
う〜さん さん、
こんにちは

お天気で良かったですね
展望も最高で、花たちも歓迎してくれ
おまけに、雷鳥までも出迎えてくれるとは

小屋泊りだと、周辺の散策など、ゆったり出来ていいですね

山ちゃんは、次回は日和田道で、小屋に泊ってみようかな
山ちゃん
2010/07/28 10:03
山ちゃん
(親しみを込めて さん を省略さして頂きます、私にも さんは無用ですので)
そうですね日和田富士を眺めながらの登りで、一部急登な所も有るらしいですが多くの花々を見ながら歩けば疲れも何処へやら・・・でしょうね。
五ノ池小屋から四ノ池の周回&降りての散策も宜しいようで・・・
う〜さん
2010/07/28 13:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本百名山 : 御嶽山 (前編) 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる