夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 六甲山系: 瑞宝寺谷西尾根〜六甲最高峰〜七曲滝

<<   作成日時 : 2011/06/06 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

山歩記: 2011年6月6日(月) 晴れ 所要時間 5時間49分 (歩行時間 4時間47分)
                       18,521歩 約11km

行程:有馬ロープウェー駐車場9:13→9:36瑞宝寺公園9:44→太鼓滝9:47→展望台10:18→瑞宝寺谷西尾根に入る10:26→最初の岩場11:00→工事現場を見下ろし11:25→車道に出る11:41→11:52六甲最高峰12:45→極楽茶屋跡13:22→七曲滝14:13→駐車場15:02

瑞宝寺公園には何度か訪れていたが今までは六甲最高峰から下山ルートとして魚屋道〜筆屋道を経て瑞宝寺へ来ていたが、筆屋道の途中から瑞宝寺谷西尾根〜六甲最高峰へのルートが有る事を知り早速試みました。

多少注意する箇所が有りますが、比較的歩きやすく1本道で迷うこともなく最適なルート、六甲山頂へのルートとして一般的な紅葉谷道や魚屋道よりも、変化が有って良いルートだと思います、但し初心者にはチョット危険個所も有りお勧めできません。

体力的には有馬三山を経て極楽茶屋跡まで登るルートよりも楽だと思います。

では瑞宝寺公園(標高約445m)から
画像

数分後には太鼓滝へ、水量も普段より多い
画像

谷をクロスして 
画像

案内板が有り、見ると展望台に寄らずに近道を歩いたので・・・此処から展望台へ寄って見る
画像

展望台へ(標高約555m)
画像

展望台から引き返して先ほどの案内板へ戻り、其処から数十メーター先にこの様な道標が有ります。
画像

上記の写真の道標がポイントでして、道標を無視して赤の矢印へ進む、また木には赤色スプレーでの目印も有ります、直ちに急な登りですが、これこそ本当の山登り。
画像

画像

急登りが続きます
画像

マダマダ急登が続きますが、山腹をダラダラ歩くよりも高度を上げるので気持ち良いとでも申しましょうか・・・?
画像

急登続きで一休み、眼前には射場山(690m)が見えるが此の地点では、まだ射場山よりも低い様だ。
画像

まだまだ急登が続きます。
画像

登りから一先ず解放されたが・・・ホンの一瞬でした。
画像

またまた急登+痩せ尾根の岩場が待ち受けていました。
画像

此処は重心を低くして慎重に・・・歩けば心配ない
画像

画像

画像

二回目の岩場で此処から急な下りになっており、登り以上に要注意して、慎重に進めば問題なし。
画像

画像

画像

今度は痩せ尾根ではないがまた岩が邪魔をしている。
画像

楽な尾根歩きですが、高度からしてマダマダ・・・再度登りが有るはずだ。
画像

こんな所も有りました。
画像

画像

また急な登りになってきましたが、今までとは違って岩場ではなく危険度なし。
画像

更に登ります。
画像

左前方が明るいと思ったら斜面が滑り落ちていて、土砂を取り除いてワイヤーロープで運んでいました。
画像

此のあたりへ来ると熊笹も多く、平坦な山道になって来ました、右手向こうには六甲最高峰が見える。
画像

車道も近いようで、車のエンジン音が聞こえる。
画像

車道に出てきました、此処は一軒茶屋からホン近い、20〜30m位でしょうか。
画像

車道へ出た所の向こう側は六甲全山縦走路ですが、道標の向こう側から下る道らしき道がありますが、どうも此の道は黒岩谷へ下りられそうだ、黒岩谷から土樋割〜本庄橋跡や東お多福山へと繋がっているようだ、何れ歩いてみようと思う。
画像

久しぶりの六甲最高峰です。
画像

此処で昼食休憩をして下山は紅葉谷道か有馬三山のルートか同行人に一任したら、紅葉谷道を経て雨上がりの七曲滝を見るらしい。 スタート前に芦屋から山頂まで登ってきた娘さんが下山ルートで尋ねて来たので同行人は油コブシか摩耶・掬星台からケーブルでの下山等色々なルートを話していたが、とりあえず極楽茶屋跡まで一緒に歩く。
画像

極楽茶屋跡で娘さんと別れ、我々は紅葉谷道から有馬温泉へ下るが途中で七曲滝へ・・・冬場は凍って滑りやすいので通らない下の道を行く、ロープが張られておりこの時期は冬場より安心ですが、油断できない。
画像

七曲滝までに小滝が有りますが名前は??らない。
画像

冬場に来た時に某君が滑って転んだ時に携帯を無くしたと聞いていたので其の辺りを探してみたが見当たらなかったので谷を進み目的の滝へ、水量は多いが歩ける。
画像

七曲滝へ来ました、氷瀑と全くイメージが違うが、多少の水しぶきを受けながらマイナスイオンを吸収して。
画像

再び紅葉谷道へ戻り有馬温泉の駐車場へ・・・途中で3カ所崖崩れが有りました、以前から此の辺りは何時崩れても不思議ではないと思っていましたが、とにかく事故のないように願いたいものです。
画像

本日の山歩きは初めて歩くルート(瑞宝寺谷西尾根)でもあり、ワクワクしながら、また多少のスリルもあり、納得できるものでした。 また今回のルートの近くに十八丁尾根ルートも有りますが、登山口までがバスに乗らなければならず、チョット不便なので其の気になりません。

ルートマップ:
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
六甲山系: 有馬温泉〜白石谷〜六甲山〜瑞宝寺谷西尾根
     山歩記: 2011年7月26日(火) 晴れ 所要時間 4時間50分 (歩行時間4時間20分)                         15,089歩にて約9km  ...続きを見る
夢追人のターゲット ”7...
2011/07/26 21:49
六甲山系:南アルプス縦走を想定して摩耶・掬星台を往復
 今年の1月に考え記事にした夢でもある巨大山脈・南アルプス大縦走を想定にトレーニング開始、3000m級の9座を縦走するには正味8日間の日程ですが、其の中で一番の累積標高差は広河原〜北岳肩ノ小屋迄で登りが1525m、それ以外の山々の縦走は1日での登りの累積標高差は900m〜1,300m以内、また下りの累積標高差は日によって違うが900m〜1,700m以内と思われるので、六甲山系で色々な登山ルートを組み合わせながらトレーニングをして本番に備えようと・・・。 ...続きを見る
夢追人のターゲット ”7...
2012/06/04 13:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
六甲山系: 瑞宝寺谷西尾根〜六甲最高峰〜七曲滝 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる