夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 北八ヶ岳: 蓼科山

<<   作成日時 : 2011/09/15 15:40   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 4

  
 昨日の雨も上がり今朝は快晴だ・・・午前6時過ぎに諏訪湖SAから蓼科高原のビーナスラインをドライブして、すずらん峠園地の駐車場(1720m ) には午前6時50分到着、此処から蓼科山(2530m)へ登ります。

緑一面でナダラカな高原歩きの様ですが・・・何の何の・・・最初だけです。
画像

暫らく歩いて行くと大小の石が現れ出し徐々に急な登りになってきました。
画像

やれやれ平坦で歩きやすい・・・やはり穏やかな山なのだと思っていると
画像

今度は大きな石、いや 岩と申しましょうか・・・其処を登ります
画像

登りきると向こうに見えるお椀の様な可愛い山・・・これが蓼科山ですが、どう見ても小さな普通の山に感じます。
画像

可愛いお椀の様な山へ登っているのですが、何の何の石ばかりの道
画像

振り返ると主峰の赤岳をはじめ標高3000mに近い鋭い峰々が連なる人気のアルペンスポットの南八ヶ岳連峰が見えます、その隣り向こうには南アルプスの甲斐駒ヶ岳〜仙丈ヶ岳〜の峰々が・・・
画像

更に登って行くと石だらけの所へ来ました、石の上を歩くが、石と石の隙間に足を踏み入れれば落とし穴、此処で落し物でもすれば、拾うことは不可能です。
画像

岩場歩きが山頂まで続きます
画像

ようやく山頂広場・・? というより石の広場 この様な山頂を見るのは初めてです。 麓からはチョット想像が出来ない程の岩が延々と広がっています。
画像

画像

展望は最高で、八ヶ岳、南アルプス、御嶽山・乗鞍岳、北アルプス、浅間山や奥秩父などなど・・・あの山は何々の山だと再確認しながら360度の眺めを楽しみました。
画像

また此の石だらけの広場で微かに平らな石を見つけ、其処でドリップコーヒーを炒りたて昼食、風もなく穏やかで、眼下には白樺湖・白樺リゾート地帯が・・・
画像

下山は登ってきた道ではなく山頂ヒュッテ前から蓼科山荘のある将軍平へ向かいます
画像

岩ばかりの山ですから下山も同じく岩がごろごろした道です
画像

30名位の団体さん達が登ってきました、団体さんですから、考えられるのは七合目の一の鳥居からの最短ルートではなかろうか・・? とにかく彼らが登り過ぎるまで待ちました。
画像

画像

将軍平に来ました、此処は分岐する十字路で、七合目の一の鳥居(御泉水自然園)へのルート、大河原峠へのルートと我々が行く天祥寺原へのルートが有ります。
画像

石だらけの急斜面を下って行きますが同行人は4日連続の足場の悪い山歩きで相当堪えている様で超スロー歩きになっていましたが、まぁ〜怪我でもされては大変ですからOK自分のペースで良いのだと、ですから私は数分歩いては立ち止まって待っていました。
画像

一部土砂崩れで崩壊した所も有りました
画像

今までとはうって変わって、この様な山道も有りましたが、ホンの少しです
画像

天祥寺原へ下りてきました、此処から見る蓼科山は穏やかな様に見えますね・・・人いや山は見かけによりません、騙されないように
画像

天祥寺原から竜源橋までは沢沿いに笹原とカラマツ林、時には苔に覆われた石や木の中、また泥道も有って変化に富んでいる山道を1時間15分歩きました。
画像

ビーナスラインの車道で竜源橋のホン傍へ下山(14時56分)
画像

車道を歩く事約20分ですずらん峠の駐車場に(15時15分) 本日は15,121歩 所要時間 約8時間、歩行時間6時間30分でした。
画像

直ちに蓼科高原の某温泉にゆっくりと浸かり汗を流して18時頃には諏訪湖SAへ・・・・夕食・早い就寝をしたので夜中の0時半頃バッチリと目が覚めてそれ以上眠れず、1時半ごろから運転再開して3時間のノンストップで滋賀県の栗東にある菩提寺SA(04:46〜05:17)まで、其処で約30分の仮眠後、西宮の名塩SA(06:12〜06:31)まで帰って来て朝食を、帰宅は朝の7時08分でチョットした朝帰りでした。今回の走行距離は924.1kmでしたが、車の少ない夜間ドライブで疲れもなく大変楽しかった4日間の山歩き・山小屋2泊・車中2泊でした。

今回で車中泊の良さも解り、九州や東北地方の山々にもマイカーで好きなように途中寄り道を兼ねてドライブして行くのがベターかとも思いました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
八ヶ岳(赤岳〜阿弥陀岳)から360度の展望を楽しむ(前編)
  待ちに待った夏山登山で今年の第一弾は八ヶ岳です。 昨年は蓼科山(北八ヶ岳)から赤岳(南八ヶ岳)を眺め来年は訪れますよと・・・ 流石此の辺り一帯は高原リゾート地帯で終の棲家に出来るものならば最高でしょうね。 ...続きを見る
夢追人のターゲット ”7...
2012/08/15 08:57
南アルプス: 鳳凰三山の薬師岳へ中道ルートから登る
2年前に北岳から眺めた鳳凰三山のシンボル・地蔵岳のオベリスクを近くで見たいのと、また白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)を眺めるのが目的で、青木鉱泉から皆さんが敬遠される中道ルートで登りました。 ...続きを見る
夢追人のターゲット ”7...
2015/08/01 07:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
じっくりと日本の脊梁アルプスを堪能されたことと思います。
ところで、植林用の唐松の育苗はこの蓼科山の天然唐松だったという事をう〜さんはご存知でしょうか?
蓼科山山頂付近の唐松の種を、大河原峠の下方の山麓で世界初の育苗に成功し、日本全国はもとより、世界各国に輸出された由緒ある蓼科山なのです。
su-
2011/09/15 21:15
天候を選び、決して無理をせず、計画的に行動された山行で素晴らしく思います。私も健やかに年を重ね、将来、こんな山歩きがしたいと思いながら読ませて頂きました。
トンキチ
2011/09/15 21:40
su-さん、
確かに日本を代表するアルプス、何時も小さな池で泳いでいるカエルが琵琶湖へでも行った感じでしょうか・・・六甲山系とは大違いです。
北アルプス(奥穂高)から見える近くの山並みはゴツゴツした岩峰、八ヶ岳連峰でも北八ヶ岳(蓼科山)からは眼下にリゾート地帯とナダラカな曲線美の山々ですが中へ入れば岩がゴロゴロで北アルプスとはまた違っていました。

蓼科山の天然唐松 エッ〜 そうだったのですか? 全く知りませんでした。
今回4日間の山行きで485枚の撮影でしたから、天然唐松を再度写真で確認します。


トンキチさんへ、
いつも気持玉や励ましを頂き、ありがとうございます。
自分で言うのも何ですが、あなたならばご理解頂けますので・・・確かに自分で計画し、事前調査して登山ルートを決め、其のルートの通過予定時間も設定して、その通りに進めていくのも楽しいですね。 蓼科山から千丈ヶ岳を眺めながら貴殿が北沢峠にバイクを置いて登られたことを思い出していました。私達も北沢峠を中心にして甲斐駒と千丈にも何れ訪れるつもりです。これからも宜しく。
う〜さん
2011/09/16 06:30
蓼科山の登山道は石が多いんですね。
でも、頂上の展望の素晴らしさを読むと行きたくなります。
山々が見えるのは最高ですよね。
お疲れ様でした。
遊子
2011/09/26 23:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
北八ヶ岳: 蓼科山 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる