夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹波の名山: 多紀連山 (御嶽〜小金ヶ嶽)

<<   作成日時 : 2011/12/19 14:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 5

 
 篠山盆地の北方に連なる標高600〜800mの連峰で、東西約20kmに及ぶルートの一部を歩いてみました。

山歩記: 2011年12月18日(日曜日) 曇り後晴れ 所要時間5時間09分 歩行時間4時間20分 
                        15,213歩 (往路・復路とも1時間15分)

行程: 火打岩近くの駐車場(標高285m)9:15→登山口9:21→9:41御嶽口からの山道と合流(約400m)9:43→鳥居堂跡9:59→大岳寺跡(約600m)10:17→10:49御嶽(793m)10:56→11:25おおたわ広場(512m)11:55→12:44小金ヶ嶽〈725m)12:54→福泉寺跡(約555m)13:26→小金登山口(約285m)14:05→駐車場14:24

多紀連山の主峰である御嶽へは南側からは御嶽口からのルートと火打岩からのルートが有るが駐車場と下山後の事も考えて火打岩(ひうちわん)近くの駐車場(50台可能)に止めた、既に1台駐車しており何と静岡ナンバーだ、今現在の外気温は1℃

駐車場から5〜6分で登山口・・・と言っても民家の横を通らして頂く感じ・・・すぐさま動物除けの金網を開けて山道に入る・・・多少の急登が続きます・・・前方に20名位のグループ、兵庫県の上郡から来られていました。
画像

登っていると流石熱くなって多少汗ばんできたので御嶽口からの山道と合流した尾根筋で1枚脱ぎましたが、其処からは比較的平坦な樹林帯歩きで少し寒く感じる・・・
画像

鳥居堂跡を過ぎ大岳寺跡(みたけじあと)をも通り越して行くと徐々に勾配がきつくなりガレ場の急坂で多少はアルプスらしくなって来ました
画像

更に登って行くと東屋(避難小屋)があり其の上には石室がある、稜線を左に行くと御嶽山頂、此処から更に西へ向かえば西の覗や西ヶ嶽にも行けるが此処からは往復約3時間なので今日は無理
画像

気象条件が良ければ山頂から北には丹後半島〜若狭湾方面(但し見えないが)東には京都の愛宕山〜大阪の生駒連峰、南には六甲山系〜播磨灘などが見える、勿論近場の北摂は360度
画像

小休止後 おおたわ(標高512mの峠でも有り今は広場になっている)へ向かって下山
画像

急な下りで所々にはロープや鎖が設置されている、長い階段を下って おおたわ広場へ
画像

此処の広場にも駐車場(30台可能)が有りここを拠点にして登山する方も多い、只今11時25分なのと見晴らしも悪くはないので昼食休憩
画像

休憩30分で切り上げ本日のメインである岩場登りの出来る小金ヶ嶽へ、車道を横切り山道へ入る直前に”熊出没” の注意書きを見る
画像

クマ除けの鈴をチリンチリンと鳴らしながら杉林を登って行く・・・
画像

やがて見えてきました多紀アルプス・・・これを見て登るのがメインテーマですから・・・でも完全装備と言いますかハイカーが登れるように鎖が完全に設置されていますから横着・油断しなければ大丈夫でも有り安全でしょう
画像

岩場登りの始まりですが、直前に我々より少し年配の御夫婦が追いついて来られ先を譲ったのですが、いや後に付いて行くと言われました、話していると滋賀県の大津から来られ、おおたわ広場に駐車され此の山へ、このご夫婦も定年退職後から山歩きをされ、日本アルプスでもカニの横這いで有名な剱岳(富山)にも夫婦単独で登って来たと言われていました、同行人は非常に興味を持っていて、是非来年行こうと言ってますが、命有っての老後だと思うが、其の方曰く今は登山者が行けるように整備されており横着しない限り大丈夫・安全だと・・・確かに何処の山も登って見れば当初の心配事が消えてしまうのは確かですが・・・何事もゆっくりと登れば良い
画像

怖いと言うよりもどの程度のスリルを楽しめるのかワクワクしながら登り始めましたが、この様に鎖が装備されていますから・・・でも慣れた人は鎖を持たずに登られると思います
画像

一つ越えたがまた其の先にも岩場が続きます、今度はどの程度なのか?
画像

鎖の必要もなく登りやすい岩場でした
画像

岩場から覗けば向こう側は90度の壁、岩の隙間からの眺望も悪くはない
画像

岩場歩きは約20分程でしたが初めてだったので多少はスリルも有って満足したのではないでしょうか?
山頂からは同じく360度の眺望が楽しめます
画像

画像

山頂でご夫妻と別れて我々は南方面で福泉寺跡〜小金口へ向かって下りますが登って来た時程の岩場ではないが急斜面で所々に大岩が有りました
画像

画像

約20分近く急斜面を下って行くと4辻の分岐点があり、西へ向かえば仙ヶ洞〜おおたわ広場へも通じていますし、東へ行けば小倉たわや鍔市ダムに・・・ですが我々は駐車場の事を考えて直進して福泉寺跡を通り越して沢を渡り沢筋に下って行く
画像

沢に沿って歩いていると 所々ルートが分かりずらい箇所も有りましたが沢に沿って下れば迷うこともなく下りて来られました、堰堤が見え動物除けの扉を開けて小金口の登山口に下山、ここにも駐車場がありました
画像

車道を歩く事約5〜6分で今朝ドライブして来たR301号線に出て北上する事4分で火打岩の乗合タクシー待合所でした、其処には多紀連山の案内板がありました。 
駐車場は更に北側で約530m車道を歩きました。
画像

冬季で日照時間も短く長距離歩きは出来ませんでしたが、多紀連山縦走は下の登山道マップにも有りますように筱見四十八滝〜峠山〜小倉たわ〜小金ヶ嶽〜おおたわ〜御嶽〜西ヶ嶽〜栗柄口もしくは西の覗〜愛染窟〜栗柄奥までの縦走が比較的距離も有ってベストの様です、但し仲間と一緒で車2台で登山口と下山口に1台づつ駐車しておけば帰りの足の心配は解消できます。

多紀連山の登山道マップ :
画像

篠山市と言えば篠山マラソンは関西でも有名になっていますが、毎年11月に多紀連山の登山大会も行われています、参加希望者は篠山市役所のホームペ―ジを参照され申込されては如何でしょうか。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
丹波の名山: 白髪岳の岩場が面白い
   丹波の山では多紀連山の西ヶ嶽・御嶽・小金ヶ嶽が代表ですが、多紀連山の西南に位置する白髪岳・松尾山も岩場登りでスリルあり山頂からの眺望も良く、非常に楽しませてくれる山です。 ...続きを見る
夢追人のターゲット ”7...
2014/03/04 14:13
多紀アルプス : 学友・山友と御嶽〜小金ヶ嶽を縦走
先月の朽木・白倉岳に引き続き、学友・山友と丹波篠山の多紀連山(御嶽・小金ヶ嶽)を縦走しました。 ...続きを見る
夢追人のターゲット ”7...
2015/05/13 14:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜さん
実家にある古いアルパインガイド「近畿の山」に紹介されていて非常に興味ある山域です。岩と薮が多いと記されていて、行ってみたいと思うも交通の便が悪いのでずっと机上登山でした。

ちょっぴり行った気分です。
まーちゃん
2011/12/24 12:22
21日女房の23回目の命日で、位牌を出してきて倅と一緒に飲んだところです。
正月が命日の直後だけに、いまだに喪が明けない気持ちでしたが、そろそろ…
と考えるようになりました。
今頃元気でいれば、う〜さんと同じような楽しい山登りができていたでしょうね。羨ましい限りです。
笹山と言えば、私が初めて雪彦山を訪れた時、自宅から下道ばかりを通って京都から笹山を経て福崎までドライブした事が懐かしく思い出されます。
片道500キロ、15時間を往復しました。
<丹波ヤマノイモ>は最高の芋で、昔はよく現地から仕入れて使ったものです。摺りおろして油で素揚げしたものはとてもおいしい一品でした。
su-
2011/12/24 14:36
ご免なさい、篠山の字が(笹山)間違えていました。
su-
2011/12/24 14:42
まーちゃんへ
多紀連山にはJR篠山で尚且つバスかタクシー利用なので確かに足は不便です。
今日は七種山〜七種槍〜奥山と縦走して来ました、裏日本は吹雪でしたが瀬戸内海に面した山並みは快晴・・・ご存じだとは思いますが七種槍から奥山までは殆どが岩場でアップダウンがあり先週の小金ヶ嶽以上に楽しめました。
う〜さん
2011/12/24 22:12
su-さんへ
23年間も喪が明けない気持ちを持っておられるご主人は非常にまれな方であり、奥さんも喜んでおられるのではないでしょうか。
何十年も前でしょうが駒ヶ根から福崎まで平道ドライブ・・・今では考えられない事ですね、15時間以内でヨーロッパのどの国へでも日本から行けますからね。
丹波のヤマノイモですか、私は未だ食べた事なく知りませんでしたが機会あれば食してみます、丹波では出来上がりのトウフが美味しくて訪れた時には其の場で食べています。
う〜さん
2011/12/24 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹波の名山: 多紀連山 (御嶽〜小金ヶ嶽) 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる