夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 八ヶ岳(赤岳〜阿弥陀岳)から360度の展望を楽しむ(前編)

<<   作成日時 : 2012/07/30 10:26   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 
待ちに待った夏山登山で今年の第一弾は八ヶ岳です。
昨年は蓼科山(北八ヶ岳)から赤岳(南八ヶ岳)を眺め来年は訪れますよと・・・
流石此の辺り一帯は高原リゾート地帯で終の棲家に出来るものならば最高でしょうね。

山歩記 : 2012年7月26日(木) 晴れ 所要時間 約6時間30分  標高差 1419m

行程: 美濃戸口駐車場8:30→9:20美濃戸山荘9:26→(南沢)→11:58行者小屋12:35→(地蔵尾根)→地蔵の頭→14:18赤岳展望荘14:25→赤岳頂上小屋15:08  万歩計は11,350歩を示しているが岩場登りなどで正しくカウントされてない様だ。

当日は午前2時11分に自宅をスタート、駒ヶ岳SAで35分程の朝食休憩をして諏訪南インターに7時44分で其処から一般道で美濃戸口の駐車場(標高約1480m)には8時15分到着で予定通り、此処までの走行距離は440km。 駐車料金は2日間で1,000円、駐車場付近はアブが多くてドアを開けると沢山のアブが入って来たが追い出す事なくドアーを閉めて美濃戸山荘までの林道を歩きました、此の林道はハイカーの車でも走れなくはないが一部デコボコ道で車体の底を傷つける可能性が有ると聞いていたので歩きました。
画像

45分程で赤岳山荘(此処の駐車場は宿泊関係なく誰でも利用可で1日1000円)〜其の奥に美濃戸山荘(標高約1710m)が有ります、自然の水も冷たく美味しい、美濃戸山荘に宿泊される方だけに許される駐車場には東北・関東・関西・九州のナンバーが・・・流石 大自然の魅力 八ヶ岳ですね。
画像

案内版が有り、今回私達のルートを赤で示しました、最大画面にして頂き、硫黄岳〜横岳〜赤岳〜阿弥陀岳までの縦走ルートも参考にされると良いと思います。
画像

此処からは南沢ルートと北沢ルートが有りますが、登りは南沢ルートで行きます。
画像

南沢沿いの道を行くがこの様に橋が有るので六甲のトエンテークロスではないが水量を心配しなくても良い。
画像

樹林帯の急坂を登る・・・これでなくちゃ高度を稼げない。(9時52分)
画像

画像

樹林帯を登ると河原の様な場所を歩きました。(11時33分)
画像

此の辺りまで来るとようやく八ヶ岳連峰の山並みが見えてきました。
途中で下山者とスライドしたので昨日の山の天気は如何でしたか? と聞きましたら曇りでガス・雨で全くダメでしたが今朝は最高に良かったと言われていて、自分が1日延期したのは正しかったと納得。
画像

赤岳と左下には赤岳展望荘が微かに見えます(11時54分)
画像

行者小屋(標高約2350m)に11時58分到着、予定通り昼食休憩、此処の水も冷たく美味しかったので数本のペットボトルを満たす。(11時58分〜12時35分まで)
画像

食後は地蔵尾根を登ります。(12時50分)
画像

画像

登っていて右側には明日登る中岳と阿弥陀岳が見えます (13時38分)
画像

左側には横岳 (13時39分)
画像

段々とキツイ登り・岩場・梯子や鎖場ですが、危険ではありません。(13時40分)
画像

昼食休憩をしていた行者小屋が遥か下に小さく見えます。(13時41分)
画像

更に登って行きます、此の辺りの土は赤茶色です。(13時52分)
画像

赤岳展望荘が見えてきました、此処から見ると崖の上に有るように見えます。(14時07分)
こんな所にある山小屋ですが五衛門風呂もあり、コーヒー・お茶も無料サービス、食事も美味しく人気が有ると聞いています。 
画像

さぁ〜此処を登り切れば地蔵尾根の頂上で地蔵仏(地蔵ノ頭)だろう (14時08分)
画像

稜線へ飛び出ると地蔵仏が祭られています(地蔵ノ頭)、稜線の東側が野辺山高原、西側が登って来た美濃戸〜八ヶ岳中央高原が望めます。(14時10分)
画像

北の方角は眼前の横岳(2829m)、遥か遠くには蓼科山(写真の左奥)も見えます、八ヶ岳連峰の縦走ならば蓼科山登山口から北八ヶ岳の山々を通り南八ヶ岳の赤岳を越して権現岳までを歩き通す・・・何キロ位でしょうか? 30〜40km程度でしょうか? 歩行時間としては下山口の観音平まで30時間前後で可能なんでしょうか? (14時12分)
画像

展望荘へ向かって、稜線歩き (14時14分)
画像

途中 多くの花が咲いていましたが其の中の一コマ
画像

赤岳展望荘で小休憩して赤岳頂上小屋を目指して登ります (14時36分)
画像

稜線の東側はガスが流れて来て先程の展望荘もガスに・・・いや 私達もガスに飲み込まれるのでは・・・? 急げ! 急げ!! (14時53分)
画像

赤岳頂上小屋が見えてきました、ガスもない・・・良し良し  (15時01分)
画像

赤岳頂上山荘に着きましたが此処は北峰で、其の先が南峰(2899.2m)です。(15時08分)
画像

頂上小屋でチェックインをすまし、濡れたタオルで体を綺麗に拭き、一新してから外でコーヒーを焚いて一服・・・段々と薄暗く・・・(19時02分)
画像

今夕は太陽の沈む西側には雲が出ており残念ながら夕日は見えません、また東側には富士山が見えるのですが同じく雲で今夕はダメでした・・・でも明日の朝は綺麗に見えると信じて・・・・夕食が5時半からで消灯が8時でしたが、何時ものごとく眠られません、昨夜も2時間程の睡眠で長距離ドライブして登山、疲れているはずですが寝られない、朝方の3時頃から1時間位は眠れたようでした。

この続きは後日・・・素晴らしい翌朝で360度の展望を存分に楽しみました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
八ヶ岳(赤岳〜阿弥陀岳)から360度の展望を楽しむ(前編) 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる