夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 南アルプス : 仙丈岳

<<   作成日時 : 2012/08/03 15:22   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 5

 
八ヶ岳からの眺望を楽しみ翌日は南アルプスでも北部の仙丈岳へ、当初の予定では2日間で甲斐駒ヶ岳〜仙丈岳であったが、八ヶ岳の天候悪化で急遽1日ずらした為、北沢峠辺りの山小屋での予約が出来ず仙流荘からのピストン、またその場合時間的に多少無理なのと、同行人の足の爪が悪化して下山の時に痛みがひどい為、甲斐駒ヶ岳は諦め次回に持ち越しました。

山歩記: 2012年7月28日(土) 晴れ  所要時間(北沢峠から)  8時間10分

行程: 仙流荘バス停5:10→(バス)→6:00北沢峠6:15→2合目6:50→5合目7:49→小千丈ヶ岳8:50→10:05千丈岳10:40→11:00千丈小屋11:10→ヒュッテ小屋11:59→5合目12:52→14:25北沢峠14:40→(バス)→仙流荘15:30 

南アルプス林道バスはお客第一に考えられているのか、臨機応変にダイヤ変更して頂き非常にありがたい、土曜日の朝は前夜からのハイカーで一杯、スケジュールでは第1便が6時05分ですが5時前から既に第1便が発車しており、我々は第4便目でした。料金は大人片道1,100円プラス小荷物200円の1,300円です。

北沢峠まで約50〜55分で運転手さんは慣れた道ですが、私から見ればあまり心地良い道路ではない、ハンドルの切りそこないガードレールを突破すれば・・・お陀仏です。 その代わりと言えば登って行く程に山並みが見えてきます、特に甲斐駒の北西に位置する鋸岳は見応えがしました。

北沢峠に6時頃到着(標高約2030m)、向うに見えるのは長衛荘 (6時17分)
画像

ストレッチで体を解して仙丈岳の登山口へ(6時17分)
参考までに、北沢峠からは甲斐駒ヶ岳への登山口としては双児山からと北沢駒仙小屋〜仙水峠からの2ルート、また仙丈岳登山口と3つの登山口が有ります。 また一旦下って太平山荘から仙丈岳への登山口も有ります。
画像

樹林帯を登って、ようやく 1合目です(6時34分)
画像

2合目は6時50分、 3合目は7時18分、そして4合目が7時32分通過
画像

段々と大小の石が出てきました (7時41分)
画像

5合目(大滝ノ頭)で標高約2520mです、時刻は7時49分で北沢峠スタートより1時間34分
この時間帯ですが多くのハイカーだ。此処から直進すれば小仙丈ヶ岳〜仙丈岳、右の山道へ行けば馬の背ヒョッテから仙丈岳へ・・・で下山ルートとして歩きます。
画像

直進して小仙丈ヶ岳へ進み・・・振り返ると甲斐駒が・・・男性的な姿で現れる。(8時13分)
写真の一番奥で高いのが甲斐駒、駒津峰、一番手前が双児山と思われる。
画像

尾根を登って行くと森林限界になり、眼前に小仙丈ヶ岳 (8時16分)
画像

ハイマツの尾根を登っていて、振り返ると甲斐駒の北西に位置する鋸岳と思われる異様な山並みが見える(8時22分)
画像

小仙丈ヶ岳へ、正面には仙丈岳や広大な仙丈カール・・・素晴らしい眺望でこんな景色を見ながら歩けるのは幸せだ。(8時50分)
画像

小仙丈ヶ岳にて
画像

小仙丈ヶ岳から富士山に次ぐ第2位の北岳(3193m)〜第4位の間ノ岳(3189m)を背景に
画像

仙丈の広大なカールが広がっています (8時57分)
画像

小さな岩場を登り下りしながら (9時17分)
画像

(9時35分) 
画像

振り返ると登って来た尾根道・・・登って来るハイカーも見える、後方は甲斐駒 (9時37分)
画像

徐々に仙丈岳の近くまで来ました ((9時48分)
画像

右下には仙丈小屋が見える、下山時に寄ります。(9時48分)
画像

仙丈岳へ向かって稜線を登る (9時55分)
画像

(10時02分)
画像

(10時04分)
画像

仙丈岳(3032.6m)へ、国内では17番目の山ですが、富士の様なピラミッドではないが、何となく親しみを感じる山容だ。
画像

また南アルプスの大縦走路の始まりでもある仙丈岳(3033m)から仙塩尾根を歩き野呂川越から北岳(3193m)〜間ノ岳(3189m)〜農鳥岳(3051m)へ、引き返して熊の平小屋へ、更に塩見岳(3052m)〜三伏峠小屋〜荒川中岳(3083m)〜悪沢岳(3141m)〜赤石岳(3120m)〜聖岳(3013m)〜椹島へ下山すれば3000m級の9座を登ったことになり、この縦走を1週間位で歩き通すのが夢でも有る。
ここから先は大仙丈方面と書かれているのが仙塩尾根です(10時13分)
画像

仙丈岳の山頂は狭いので仙塩尾根にホンノ少し入った所で昼食休憩(10時05分〜10時40分)
画像

此処からの南アルプスの山並みで北岳〜間ノ岳・・・それに続く山々 (10時26分)
画像

仙丈岳の山頂から仙丈小屋へ向かって下山 (10時43分)
画像

仙丈小屋へ、比較的新しく綺麗だ、よく冷えたお茶を購入、また此の下には水場も有り、冷えた水が美味しく、ペットボトル6本を満たす。(11時02分)
画像

馬の背ヒュッテへ向かって下って行きます、何時の間にかガスが出てきました。 辺り一面高山植物が咲き誇っています。 (11時27分)
画像

馬の背ヒュッテの近くでも高山植物が・・・(11時54分)
画像

藪沢の上流で此処が太平山荘へのルートと5合目(大滝ノ頭)へのルートの分岐です (12時12分)
画像

此の分岐の所には冷たい水が流れており、ハイカーの皆さんが背中を拭きあっていました。(12時12分)
画像

5合目に向かって山腹歩きをしていると数か所 谷を越えますが未だ雪渓・・・(12時30分)
画像

山腹歩きですから比較的平坦な山道で同行人を先頭にして真後ろを歩いていたら、いきなりゴツンと頭を打ちました・・・同行人は問題なかったが、少し背の高い自分には容赦なく・・・前方を見て歩けと教えられました。(12時49分)
画像

ようやく5合目へ来ました、朝には登山客で溢れていたが、今は数名程度・・・時間が早いからまだ下山者が少ないのかもしれません。(12時52分)
画像

北沢峠へ下山して来ました、同行人の足の爪の色が段々と変化・・・見ただけで痛そうでしたが、下りは遅いなりにも下山した事に感謝して。(14時25分)
画像

下山を待ち構えた様に仙流荘行きのバスが発車・・・ホント 待ち時間がないのは大変助かります。
此の3日間、何故か思った様に眠られず、帰りのバスの中でウトウトと眠っていました。

仙流荘の日帰り温泉で汗を流して・・・一路関西へドライブですが・・・駒ケ岳SAで夕食・・・また2カ所のSAで仮眠を取りながら翌日の6時頃無事に帰宅、走行距離は935.5kmでした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
南アルプス: 鳳凰三山の薬師岳へ中道ルートから登る
2年前に北岳から眺めた鳳凰三山のシンボル・地蔵岳のオベリスクを近くで見たいのと、また白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)を眺めるのが目的で、青木鉱泉から皆さんが敬遠される中道ルートで登りました。 ...続きを見る
夢追人のターゲット ”7...
2015/08/01 07:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
仙丈岳、僕は大好きですね。
小仙丈尾根は歩きやすくて針葉樹も感じ良くて
小仙丈からの仙丈岳も素晴らしかった。
とても懐かしい気持ちになりました。
そして千丈小屋下の水場、
やはり冷たくて気持ち良くてとても印象に残っています。
ひとり山歩き倶楽部
2012/08/07 18:46
仙丈カール素晴らしいですね。めちゃくちゃ行ってみたくなりました。仙丈岳への稜線も最高です。
私も、う〜さんが前に言われてた後立山に行きたくなってます。扇沢〜爺ケ岳〜鹿島槍〜五竜〜唐松のコースに行きたいですが、まだ八峰キレットは厳しいだろうなと思います
ヘル男
2012/08/07 20:37
ひとり山歩き倶楽部のポチさん、
お立ち寄りありがとうございます。
日頃からのあなたの行動には感心しています、また色々な風景を見さしてもらい、自分の次の山行計画の参考にしています。
今回初めて南アルプスの山へ訪問、縦走には最適な感じ、特に尾根・稜線歩きは直射日光を浴びるが周りを見渡すと、自分が雲上の人で仙人になったような錯覚を・・ホント言葉はいらないですね。 また夏山登山で大切な水が豊富で冷たく美味しいのも救われます。
う〜さん
2012/08/08 07:48
ヘル男さん、
訪問ありがとうございます。
小仙丈からの稜線歩き・・・最高です。
初めての南アルプス訪問でしたが、縦走には最適で歩きがえがする様に思います。
まだまだ多くの尾根・稜線歩きがありますから・・・住まいから近ければ毎年大縦走路を2回、夏山・秋の紅葉時期に歩いて見たい感じです。

後立山も勿論ですが、欲を言えば蓮華温泉から白馬岳→唐松岳→五竜岳→鹿島槍→針ノ木岳→扇沢へ下山でガイドでは歩行時間約40時間30分となっていました。その間5カ所注意個所があり、其の中には不帰キレットが有りますが、先日私の同行人の山友がご婦人2人で蓮華温泉→白馬岳→不帰キレットを通り唐松岳→下山までの縦走を2泊3日で完走、不帰キレットは確かに要注意で慎重に歩いたと言われてましたが自分ではまだ想像がつきません。

此処のコメントにも有りますが私が参考にしている「ひとり山歩き倶楽部」のポチさんの行動力は凄く、殆どの山々を歩かれています、参考にされると良いと思います。
う〜さん
2012/08/08 08:24
度々のコメント申し訳ないです。少し前の僕の記事(乗鞍スカイライン歩き)の気持玉、本当に有難うございます。あの記事、やたら凝ったものにしてやろうと気負い書いていて、度ツボにはまったような気がして何となく落ち込んでいた時の気持玉でした。今までで一番嬉しかった気持玉でした。僕の行動力が凄いという事で・・、身軽な身で他にやる事が無いだけです。勿論、山は大好きです。
これからはシンプルに見て下さる方に少しでも参考になる記事を・・と思います。
ひとり山歩き倶楽部
2012/08/10 20:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
南アルプス : 仙丈岳 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる