夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 南アルプス : 北岳 (3193m) へ

<<   作成日時 : 2013/08/05 14:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 富士山に次ぐ日本第二の高峰である北岳へ・・・新緑、原生林、雪渓、高山植物の宝庫、また山頂からは雄大な山々の南アルプス、雲海から顔を出す富士山・・・見どころ多い山でした。

山歩記 : 2013年7月31日(水) 晴れ、夕方から霧〜雨

行程: 仙流荘6:00→6:45北沢峠7:25→7:55広河原8:00→広河原山荘→8:29白根御池小屋分岐8:35→10:45大樺沢二俣11:20→(右俣コース)→白根御池への分岐13:38→13:55小太郎分岐尾根14:20→北岳肩ノ小屋15:13

前日の30日 自宅を13時ジャストにスタートして駒ケ岳SAまで途中2回の休憩を含め約4時間半のドライブ、此処で1時間少々の夕食休憩をして小黒川PAにはジャスト19時到着で車中泊、海抜約720mの高所で涼しく寝やすかった、翌朝は3時45分にスタートして伊那IC 〜仙流荘には朝の4時25分到着、此処までが409kmでした。

仙流荘の周りには広大な無料駐車場があり車を止めて南アルプス市営のマイクロバスで北沢峠(長野県と山梨県の県境で標高約2030m)へ、此処で乗り替えて広河原(山梨県)標高約1510mへ、此処からが登山道の始まりです。

野呂川に架かる吊橋を渡れば樹林に囲まれた広河原山荘前へ・・・(08:05)
画像

この山荘横から登山道に入り、大樺沢へ向かって登って行きます・・・(08:07)
画像

途中で白根御池へ向かう道を右に見送り大樺沢沿いに清流の瀬音を聞きながら直進、大雪渓からの雪解け水で涼しい・・・(08:53)
画像

大小の岩の道を登って行く・・・(09:39)
画像

マダマダ岩道が続きます・・・(10:06) 
画像

正面に北岳が見えてきました・・・(10:15)
画像

ズーム写真ですが北岳バットレスを見上げながら登って行く・・・(10:18)
画像

大樺沢二俣に、此処で標高約2209mですから、約700mの登りで、スタートから2時間45分経過、現在10時45分、残雪の大樺沢と北岳バットレスを眺めながら11時20分まで昼食休憩
画像

食後、目の前の雪渓へ行って見ると、下は空洞で腰をかがめば入って行けそうです、雪で冷やされて非常に涼しいです・・・(11:19)
画像

此処でコースは三つに分かれ、雪渓を渡り直進して八本歯のコルを目指す大樺沢コース、分岐を右に折れてお花畑から北岳肩ノ小屋を目指す右俣コース、右後方に戻るように分岐するコースは白根御池方面・・・我々は危険性もなく、展望とお花畑に恵まれた右俣コースへ、雪渓を左に見ながら急斜面を登って行く・・・(11:40)
画像

ダケカンバ帯の急斜面を登って行きます・・・(12:29)
画像

まだ広大なお花畑までは来てませんが・・・(12:42)
画像

ダケカンバ帯を抜ければカール状のお花畑が広がっています、お花畑の上から見下ろして撮影・・・(12:55)
画像

白根御池から登って来る山道(草すべり)に出会いました、此処で標高約2680mですから大樺沢二俣から約470m高度アップ、此の間2時間17分程の経過ですからスローペース・・・同行人は花を観察するのは良いが直射日光を浴びて多少バテ気味・・・(13:37)
画像

小太郎尾根の稜線が見えるが、もう少し登らねばならないだろう・・・(13:47)
画像

小太郎尾根の稜線まで来ました、此処で標高約2775m、稜線からは眺望良し、北西には南アルプスの女王と呼ばれている 「仙丈ヶ岳 3032.6m」が眼前に・・・(13:55)
画像

北側には男性的な 「甲斐駒ヶ岳 2967m」 白っぽく見えるのは雪渓ではなく白砂の斜面に風化した巨大な花崗岩だ(ズーム写真)・・・(13:56)
画像

登って来た山道を見下ろすと・・・(14:04)
画像

尾根歩きで北岳肩ノ小屋へ向かう・・・(14:20)
画像

暫らく進むと鎖やロープが固定された急な岩場を越えます・・・(14:40)
画像

画像

登っていて左側を見ると(北東)鳳凰三山が・・・(14:44)
画像

明後日に登る甲斐駒ヶ岳をバックに・・・どうか登山日和の天気で有りますように・・(14:53)
画像

昨年訪れた 仙丈ヶ岳を背景に・・・(14:53) 
画像

肩ノ小屋へ向かって進む・・・(15:08)
画像

珍しい小鳥を見つけ、近くに行っても飛び立つ事もなく、スズメに似てますが・・・岩ひばり と言います
画像

ようやく北岳肩ノ小屋(標高約3015m)へ、時刻は15時13分で予定の14時40分より半時間ほど遅れている、小太郎尾根の稜線歩きは眺望もよく、立ち止まったり写真撮影などで余分に時間を過ごしたのが原因
画像

明日は北岳(3193m)〜北岳山荘〜中白峰(3055m)〜間ノ岳(3189m)を往復する予定で肩ノ小屋には2連泊の予約済みの為、受付で2日分の支払いを済ませ、一番隅の場所をもらったが、何と60〜65cm幅程度で寝返りも困難なスペース、隣1人分が空席の為、其処にバッグを置き、少しは広がったが、それにしても窮屈だ、北アルプスならばこの時期は当たり前ですが、昨今の登山ブームで南アルプスも北の様になった来ました。

夕食までの時間は汗ばんだ体を清潔にして、明日の必要な物のみ私のバッグに納め、不要な物は同伴者のバッグに入れてデポすれば同伴者は手ぶらで3000mの稜線歩きを楽しめるだろう

数日前の北岳の登山天気予報では8月1日は曇り一時晴れ後時々雨 程度だったので出発したのですが、急に天気が変わり、今の予報では明日は雨〜雷雨〜雨風と最悪の状況。

夕方の5時過ぎに小屋から外へ出ると霧で近くも全く見えない状況でした・・・(17:07)
画像

明日の朝起きてからどうするか判断するとして、この分では御来光も無理だろうから、ゆっくりと休もう。

南アルプスの北部 マップ : 2回のクリックで拡大します
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南アルプス : 北岳 (3193m) へ 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる