夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 南アルプス : 白崩山(白砂岩のピラミッド) こと 甲斐駒ヶ岳へ・・・ Part 1

<<   作成日時 : 2013/08/07 07:27   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 甲斐駒ヶ岳は端正な三角錐の名山・・・原生林の峠から花崗岩の白砂を敷きつめた頂上を目指して・・・
画像


山歩記 : 2013年8月3日(土) 晴れ後曇り

行程:北沢峠・長衛荘05:00→北沢駒仙小屋 →仙水小屋5:45→06:22仙水峠06:27→07:59駒津峰08:09→08:45六方石08:50→09:18摩利支天分岐09:22→黒戸尾根に合流9:50→10:01甲斐駒ヶ岳山頂10:34→摩利支天分岐11:07→11:35六方石11:40→12:07駒津峰12:18→13:06双児山13:13→15:05北沢峠・長衛荘15:58→16:50仙流荘にて温泉入浴18:37→伊那IC→19:25駒ヶ岳SA00:50→自宅05:36

4時起床して朝弁を食べ5時ジャストに北沢峠の長衛荘をスタートすると直ちに長野県から山梨県に入る、暫らく林道を歩けば北沢駒仙小屋や仙水峠への道標があり入る・・・(05:08)
画像

昨年 建て替えられた駒仙小屋の前を抜けて山道に入る・・・(05:12)
画像

進んで行くと栗沢山西尾根の分岐を見ながら左岸沿いに幾つかの堰堤を越えて源流へ登って行くと仙水小屋、この小屋は樹林帯に囲まれ静かな山小屋で美味しい水が流れている。

岩塊斜面の異様な光景が現れました、何時頃から如何してこの様に出来たのでしょうか?・・・(06:00)

以前にsu-さんからコメント頂いた 「ごろごろした岩の多いのは、造山運動の褶曲作用の時できた名残らしい」・・・(仙水峠) ・・・を思い出しました。

画像

道はないので岩塊斜面の下の石の上を飛び跳ねる感じで進む、 一昨年訪れた北八ヶ岳の蓼科山の山頂を思い出しました・・・(06:12)
画像

岩塊帯を登って行くと仙水峠(標高2264m)・・・(06:22)
正面には摩利支天の岩壁が・・・ですが朝は逆光で暗く見えるから写真は掲載しない
仙水峠からは南へ進む山道は栗沢山〜アサヨ峰〜早川尾根〜鳳凰三山に通じている、甲斐駒ヶ岳は北へ進む山道
画像

仙水峠から駒津峰までは急斜面の登りで高度差は約480mで多少は苦しい思いもするかも・・・(06:33)
画像

苦しい登りかもしれないが、右手には甲斐駒から摩利支天を眺め・・・(07:11)
画像

また振り返れば鳳凰三山も見えます・・・(07:23)
画像

まだまだ樹林帯の急斜面で露岩や張り出た木の根があるが足元に注意すれば問題ない・・・(07:31)
画像

樹林帯を抜け出れば、左に仙丈ヶ岳、そして振り返ると・・・いや〜見えました北岳、昨日までは北岳から甲斐駒ヶ岳を眺めながら、お伺い致しますよと呟いていた自分が今其処に来ているのです・・・まぁ〜とにかく素晴らしい景観です・・・(07:40)
画像

苦しい登りでも休まず足を動かしておれば、時間がくれば到着します、展望の良い駒津峰(標高2740m)に到着・・・(07:59)
画像

画像

駒津峰の正面には花崗岩の山肌をむき出しにした甲斐駒ヶ岳と摩利支天・・・(08:02)
画像

また此処から一昨年訪れた穂高連峰槍ヶ岳が微かに見えました、また其の右側に見えるのは常念岳でしょうか、 写真はズーム ・・・(08:06)
画像

駒津峰から少し下ったところで 石楠花の花が咲いていました・・・(08:10)
画像

ヤセ尾根を通過中・・・(08:20)
画像

更に近づいてきました・・・(08:24)
画像

ヤセ尾根を通過したと思えば、今度は真下へ下るが・・慎重に・・・(08:36)
画像

ドデカイ岩です、六方石と呼ばれている・・・(08:45)
岩ですが丁度刃先の上を歩く感じでバランスよく歩きましょう
画像

六方石の直ぐ先からコースが二手に分かれ、ひとつは岩尾根を直登するコース・・・(08:52)
画像

もうひとつは甲斐駒ヶ岳南斜面を登る(巻き道コース)が、私達は巻き道コースに入りました・・(09:02)
画像

巻き道コースから稜線を見ると岩場を登っている直登コースのハイカーの行列が見える・・・(09:03)
画像

歩きながら見上げると・・・今にも岩石が落ちて来そう・・・(09:06)
画像

南斜面をトラバースしながら登って行きます・・・(09:08)
画像

この様な岩はセメントで造られた様に見えるが、自然そのもの・・・(09:13)
画像

まるで人間が砂の上に小石を並べた様に平行に並んでいますが・・・いったいどういうことでしょうか? 自然に出来たのでしょうか? ・・・(09:15)
画像

摩利支天分岐まで来ました・・・(09:17)
摩利支天から此処へ戻って来たハイカーがいたので尋ねると往復約50〜60分位だそうです
画像


この続きは Part 2 にて・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南アルプス : 白崩山(白砂岩のピラミッド) こと 甲斐駒ヶ岳へ・・・ Part 1 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる