夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 台風一過の裏六甲歩き・・・苦労しました。

<<   作成日時 : 2013/09/18 21:34   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 3 / コメント 2

台風18号が15〜16日 日本列島を縦断、各地で多くの被害が・・・お見舞い申し上げます。

8月の猛暑が続いた頃に9月になっても残暑厳しいだろうと思い、涼しい谷歩きをしましょう・・・で裏六甲の大池地獄谷を登るルートから記念碑台でビールを飲みながら焼き肉を食べスタミナを・・・山登りがメインか焼き肉がメインか? 何とも言い難いが・・・よく歩き よく食べましょう・・・の仲間達です。

山歩記 : 2013年9月17日(火曜日) 快晴 所要時間 8時間25分 27,908歩

行程 : 神鉄・大池駅9:05→大池地獄谷と地獄谷西尾根は増水で登り口まで行けず、急遽 地獄谷東尾根に入り→10:54六甲アルプスの途中まで往復11:16→シュラインロード→12:10記念碑台13:45→丁字ヶ辻→三国岩→三国池→杣谷峠→シェール道→マムシ谷に入る15:30→炭ヶ谷→神鉄・谷上駅17:30

予定は大池地獄谷を歩き記念碑台でしたが、昨日の豪雨で地獄谷は増水で無理ですから地獄谷西尾根に変更して行ったのですが、西尾根の登り口までに一度川を横切らなければなりません、ですが其処も増水で渡れず、やむなく土砂崩れの発生しやすい東尾根に変更して・・・

東尾根は殆どが樹林帯の中、でも時々見晴らしの良い場所も有り・・本日のメンバーです。
画像

画像

東尾根も西尾根に負けず劣らず急登が続きます。
画像

何度となく急登があります。
画像

山道にポッカリと穴が空き右サイドに崩れていました、でも左サイドは問題なく進めます。
画像

東尾根を登って行くと、六甲アルプスへの分岐があります、このアルプスは岩の崩れやすい個所もあり危険なアルプスですが、こんな所は来る機会もないでしょうから、参考の為に少し覗いてみましょうで、入って見ました。
画像

分岐地点にバッグをデポして来るべきでしたが、背負ったままで来たので、岩に引っかかり要注意です。 高低差はないとは言っても転べば大変ですから・・・慎重に
画像

崩れやすいので、確かめながら越えて行きます
画像

前方には岩登りでロープが見える、其処を登れば其の先が本格的な六甲アルプスと思われ、見て見たい気もするが、帰りのこの斜面を下るのは大変と思い、此処で引き返します。
画像

来る時は登りで何とも思わなかったが、下る場合はえ〜こんな箇所が有ったのかと? 
画像

分岐地点に戻りました、往復時間は約20分間・・・これからシュラインロード〜記念碑台へ向かう。
画像

この時期ですからアジサイは枯れていますが一つだけ、残っていました
画像

記念碑台に12時10分到着、直射日光が強いので屋根の下で、持参のミニコンロで焼き肉を・・・
画像

画像

焼き肉を食べ終えて、最後は焼きそばではなく焼きソーメン・・・手なれた手つきで・・・
画像

食事の後片づけをしていると、同年代のご夫妻が来られて、登山に関しての準備用品などを尋ねられました、其の方は加古川から車で来られましたが、これから山歩きを始めるとの事、近くの山では高御位山と言われたので低山ですが岩場有りで、トレーニングには最適ですよと奨励し、全員写真をお願いしました。
画像

記念碑台では約1時間30分の食事でお腹一杯・・・で歩くのが嫌になったが気を取り直し縦走路の逆走で穂高湖・杣谷峠へ向かう・・・藤原商店の前でアイスクリームが食べたくなり全員一致・・・童心に帰り、食べながら歩こう・・・山だから許されますね。
画像

縦走路歩きですが、昔の縦走路を歩きましょうで・・・丁字ヶ辻から三国岩へ回り杣谷峠〜シュラインロードへ・・・シュラインロードも数か所で沢越えがあり、増水で苦労、マムシ谷の分岐地点では泥が数センチ溜まり非常に滑りやすく慎重に進みます、靴底から周りには泥がべっとりと・・・田んぼに入っている感じでした。
画像

画像

泥道よりも沢渡りは濡れても汚れないから、未だ良しとしなければ・・・
画像

マムシ谷を通り過ぎれば、後は炭ヶ谷を下れば谷上ですから、一安心ですが、刻々と時間が過ぎて午後4時頃、日没は6時頃ですが谷筋は早く暗くなります。

谷沿って山道が有り、下って行くと突然 山道がなくなり、谷の中を歩きました。 昨日の豪雨で山道が削られてなくなっているのです。 多少不安になり、何処まで行けば再び山道歩きが出来るかを確かめたく、私は急ぎ足で谷を下って見ました。
画像

山道のかけらもなく見事に削り取られていました。
画像

画像

何百メーター歩いたかは定かでないが、前方に山道が見え・・・一安心です。
画像

再び山道歩きで、下山口までは従来通りで無事下山、時刻は17時10分でした。
画像

今日の六甲山系では山歩きをしている人とは殆ど出逢わず、普段ならばハイカーの多いトエンティークロスも通行止めでした。 数日後には水量も減って今迄通り歩けると思うが、所により山道がなくなっていたり、泥が積って歩きにくい個所や土砂崩れ等の箇所もあるのではないでしょうか。

今日は皆さん大変お疲れの様子でしたがある意味では貴重な体験をされたのではないでしょうか。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
六甲山系:黒岩尾根の西側から踏み跡を探しトエンティクロスへ下山
   摩耶・掬星台で昼食をすませ、黒岩尾根から私自身まだ歩いた事のないルートを同行人が案内してくれました。 ...続きを見る
夢追人のターゲット ”7...
2014/01/15 21:19
丹波の名山: 白髪岳の岩場が面白い
   丹波の山では多紀連山の西ヶ嶽・御嶽・小金ヶ嶽が代表ですが、多紀連山の西南に位置する白髪岳・松尾山も岩場登りでスリルあり山頂からの眺望も良く、非常に楽しませてくれる山です。 ...続きを見る
夢追人のターゲット ”7...
2014/03/04 14:13
六甲山系:地獄谷西尾根↑〜記念碑台〜天狗岩南尾根↓
   絶好の登山日和・・・裏六甲の大池地獄谷西尾根を登り記念碑台にて焼肉〜天狗岩南尾根から表六甲へ下山しました。 ...続きを見る
夢追人のターゲット ”7...
2014/04/12 07:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
神鉄谷上駅から炭ヶ谷−摩耶山のコースは、よく利用するのですが、かなり荒れて復旧まで時間がかかるようですね。
私も六甲山系の山によく登るのですが、まだ登ったことがないコースがありますので、ブログを参考にさせていただきたいと思います。
bochi
2013/09/29 10:04
裏六甲の大池地獄谷から表六甲へ下山されたのですね。
谷歩きでは表六甲からは芦屋地獄谷、摩耶東谷、西山谷、黒岩谷、
裏六甲からは赤子谷、座頭谷、白石谷、湯槽谷、水無谷、石楠花谷、炭ヶ谷、等ありますが、
なかでも赤子谷、摩耶東谷のゴルジュ歩きも経験されてもよろしいかと、
谷歩きと言えば必ず両左右には尾根が有り尾根歩きですが、瑞宝寺谷西尾根、黒岩谷西尾根、地獄谷東尾根、地獄谷西尾根、イヤガ谷東尾根、天狗岩南尾根 等も大好きなコースです。
う〜さん
2013/09/30 08:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
台風一過の裏六甲歩き・・・苦労しました。 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる