夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹波の名山: 360度の眺望と岩場が楽しい白髪岳

<<   作成日時 : 2014/10/04 19:06   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 1 / コメント 2

 
 スリリングな岩場が楽しめ・眺望の良い丹波篠山の白髪岳へ行って来ました。
今回は楽な山歩きを願うとのリクエストで文保寺からスタート。

山歩記 : 2014年10月1日(水) 晴れ時々曇り 所要時間 5時間15分 歩行時間 3時間17分

行程: 文保寺の駐車場9:55→肩越の辻10:36→鐘掛の辻10:50→11:35白髪岳12:57→13:30鐘掛の辻13:32→13:42松尾山14:12→肩越の辻14:25→14:51文保寺の観音堂14:55→駐車場15:10 ・・・ 13,705歩

文保寺の駐車場から境内を登って行くと観音堂があり、その横から山道に向かって更に登って行くが、先ずは動物除けの扉を開き入って行きます。(10:06)
画像

山道に入り、まもなく急な登り斜面に・・・(10:19)
画像

尾根に出て肩越の辻〜鐘掛の辻を通り越して行くと木々の隙間から白髪岳が見えてきました。(10:58)
画像

此処から山頂までは距離はないが急登で左右に数本のロープがつけられている。(11:24)
画像

前屈みになって、ゆっくりと登る・・・数年前と比べるとお互いに体力が落ちてきたのを実感・・・(11:24)
画像

69〜75歳の我々から比べればお若いDさんにすれば、まだまだ、物足りない感じで・・・ドンドン先に登って見下ろしている。(11:29)
画像

必死で登る I さん。(11:30)
画像

ようやく白髪岳の山頂へ・・・(11:34)
画像

多紀連山の御岳〜小金ヶ嶽を眺めながら、次回の10月末にはお伺い致しますよ・・・と呟く。(11:34)
画像

文保寺から登ってくると、比較的短時間でゆっくり歩いても1時間40分ほどで、ちょうど適度な運動です。
山頂でワイワイと話しながらゆっくりと食事を楽しみました。前回訪れたときは小雪の舞う中で寒さと戦いながら熱いラーメンをすすった頃とは180度の違いです。

食後全員で思い出写真・・・(12:14)
画像

画像

本来 白髪岳へ登る場合は、今年の3月に歩いた住山集落からスタートして岩場を歩き山頂へ来るのがベストですが、今回は逆ルートでしたから、食後に山頂下の岩場まで往復しました。(12:27)
画像

多少なりとも神経を使い緊張しますが、これが面白く楽しみでもあります。(12:28)
画像

画像

ほんの数分程ですが岩場下りをクリアーして、緊張から解放、一息入れます。(12:31)
画像

今度は大きな岩をトラバース、ほんの数メートルですがカニの横這い、ロープがあるから怖さがないが、もしこれが100メートル前後の崖ならば例えロープがあっても震えるでしょうね。
画像

画像

横這いを終えて、再び引き返すのですが、I さんはこの岩の上へ直接登って行きました、横這いよりも楽だと言ってました。まぁ〜韓国の岩山登りから比べれば、何ら問題ないのでしょう。
画像

岩場で楽しみ、再び山頂に戻り、そこで山男さんと話友達になり、一緒に急な斜面を下り、今度は松尾山へ登りました。彼は住山集落に駐車して来ているので松尾山から住山へ下山して行かれました。
そうこうしていると今度は宝塚・高槻からの男女4名のハイカーが来られて、またまた会話・・・結局 山頂で30分間。
画像

我々は松尾山から文保寺へ向かって下山、その途中で枝に頭をぶつけて・・・痛〜!!! (14:13)
画像

文保寺の駐車場には15時10分、時間もあるので古市近くの古民家の蔵を改造された喫茶店に入り、コーヒー・うどん・餅入りのおしるこを各人全く違った注文、ここでも店の人と会話が弾み1時間以上滞在。

・・・またまた目に入るのが、人生老いてから・・・の教えでしょうね。 よく読んでみると うなづけます。 残り人生 健康は勿論ですが、人付き合いなど上手く生きて行かないと・・・
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
多紀アルプス : 学友・山友と御嶽〜小金ヶ嶽を縦走
先月の朽木・白倉岳に引き続き、学友・山友と丹波篠山の多紀連山(御嶽・小金ヶ嶽)を縦走しました。 ...続きを見る
夢追人のターゲット ”7...
2015/05/13 14:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりなハイクでしたね。篠山の山は、そのままの山道で、景色もよくいいですよね。次回の連山、初めてですから、ワクワクしてます。
細く、長く山をいつまでも楽しみたいですね。山頂から若狭の海が見える青葉山にいつか行ってみたいです。
蘭子ちゃん
2014/10/08 18:06
長期の夏休みでご無沙汰・・・今週は奥秩父の山で今朝帰りました。
紅葉と奇岩の岩山で、韓国の岩山に似ていますが、標高は2200〜2600mの山並みで、眼前には富士山、バックには八ヶ岳連峰から南アルプスが一望でき満足しました。
さて次回の連山ですが、紅葉が始まっておれば良いのですが・・・また多少の岩場上り有りますから。
う〜さん
2014/10/11 18:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹波の名山: 360度の眺望と岩場が楽しい白髪岳 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる