夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 六甲山系:夙川の桜並木から北山公園・貯水池〜観音山〜奥池〜芦屋へ

<<   作成日時 : 2015/03/31 15:30   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 3

関東では桜満開ですが、関西は満開の手前でした、まぁ〜まぁ〜の満足、本日は阪急・夙川沿いの桜並木からスタートして少しロングラン歩き。

山歩記: 2015年3月30日(月) 晴れ 所要時間 7時間20分 歩行時間 約6時間 

行程:阪急・夙川(標高約10m)9:10→夙川沿いの桜並木→北山公園内→北山貯水池(約220m)10:44→鷲林寺(約345m)11:15〜11:20→観音山(526m)11:48〜12:50→奥池に向かうが山道を間違えて観音山に戻る13:10→奥池・ゴロゴロ岳分岐13:20→奥池13:30〜13:33→奥池広場13:38→奥池住宅街より山道に入る14:00→芦屋カントリーのゴルフ橋(約380m)14:22〜14:25→ナマズ石(約285m)15:05〜15:10→ビューポイント(約295m)15:15〜15:21→芦屋の住宅地へ下山16:00→JR芦屋駅16:30〜18:00 ・・・ 30,935歩でしたが夙川から芦屋駅までは約25,000歩と思われる。

桜の開花を心配していましたが、想像した以上に開花していました。
画像

夙川沿いの桜はほぼ開花しており、桜並木を歩き北山公園へ向かう。
画像

夙川短大付近から北山公園の山道に入り、植物園へと向かう。
画像

画像

日頃見かけない花ですが名前は・・・?
画像

植物園から山道を歩き北山貯水池へ出たら目の前にしだれ桜が見事に咲き誇っていました。
画像

後方にはお椀の様な可愛いらしい甲山、今日は寄らずに貯水池の西側を周り鷲林寺へ向かう。
画像

一旦車道横を歩き鷲林寺の参道を登って行きます、以外とキツイ登りでハイカーは別にして参拝客には堪えそうです。
画像

高野山真言宗のお寺だ。
画像

本堂にお参りをして、此処でKさんとお別れで、Kさんは此処から北山貯水池に戻り甲山へ向かわれました。
画像

我々4名は此処から標高差約200mの急斜面の山道を登り観音山を目指す、其処が昼食ポイント。
画像

時間にして25分程で観音山(標高526m)の山頂に・・・ ハァ〜イ お疲れさん、のどを潤す場所・時間ですよ〜・・・でとっさに緊張が解れてしまいました。
画像

山頂では一番ベストな場所に陣取りハ〜イ お疲れさま〜 乾杯 !!! ゴクゴクゴクと腹にしみるが美味しいこと。
画像

食事しながらでも、どうしてもワイワイガヤガヤと会話が弾みます、我々の後には2組の夫婦が来れれましたが、少々賑やかで、うるさかったかもしれませんが、此処でお詫びを。 高齢・老人の病、友の死で明日は葬儀へと多少悲しく寂しい話から、4〜5月の行動予定から夏の過ごし方まで、話が進む。 

食後 全員写真をタイマーで。
画像

たったの526mの頂ですが眺望は良い、背後の北面には六甲縦走路の山並みが見える。 
画像

眼下に見える甲山や北山貯水池が少し霞んで見えるので春霞? いや黄砂かもしれませんね。
画像

食事休憩をした場所で、一番のベスポジ、来るのが後数分遅かったら陣取り出来なかったでしょう。
画像

快晴で暖かく山頂では1時間少々も昼食休憩、少々のほろ酔い気分ですが奥池に向かって下って行ったつもりが、間違った道に入り、こんな急斜面の下りはなかったのにと少し可笑しいと思いながら下って行く、眼前には北山公園が見える、これは間違いだと確信し引き返しました。
画像

観音山の山頂に戻り、この間約20分のロス、奥池方面の山道を進む、20分程で奥池に出ました。
画像

この辺りのツツジも綺麗に咲いています、例年ならば4月中頃と思っていたのですが今年は約2週間ぐらい早い感じですが。
画像

奥池の広場前を通過して住宅街を通り山道に入る暫くすると山道の上には車道(芦有道路)が走っており、東お多福山の登山口バス停が見える、私達はバスに乗ることなく、芦有道路に沿った山道を歩き芦屋川へと下って行きます、奥池広場から約3時間の長丁場です。 下の写真は芦有道路のガード下から山道に入り山腹をトラバースしながら多少のアップ・ダウンを繰り返しながら下って行きます、所々に急な下りあり、注意しながら下りて行く。
画像

此処までが芦有道路の東側の山の山腹をトラバースして来ましたが、此処で谷に降りてクロスするのですが・・・
画像

谷を横切り出た所が芦有道路です、約30m程車道を歩き今度は車道の西側の山の山腹をトラバースしながら下って行きます。
画像

車道から山道に入った所が弁天岩で、その先が20年前の神戸大震災時に荒地山から転がり落ちて来た巨岩、通称 ナマズ石 です。 
画像

ナマズ石から下る事 約5分ぐらいで道畦谷北尾根と合流し、其処がビューポイント、約5〜6分の休憩をして、更に下って行くと、昨年末に荒地山へ登った分岐点に来ました、皆さんその時の記憶がよみがえった様です。
画像

芦屋の住宅地に下山、皆さん曰く、奥池から芦屋まで結構長かったなぁ〜でした。
芦屋川沿いを歩いて行くと古木の桜が見事に開花・満開の様です。
画像

芦屋川沿いからJR芦屋駅に行き、この前のカレー店でビールセットを注文、ここでも我々4名でお店を占領とは言わないが、マスターと共に会話で一時を過ごしました。

今日の山行はスタートとゴールは桜に出迎えられ、また暖かく快晴のもと山頂での食事休憩は最高に楽しかった。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
とにかく、快晴で、桜もあざやかで、何十年ぶりに夙川を歩き懐かしさで一杯でした。Sさんと同じく、本当に歩ことが、楽しくて仕方ない自分を改めて感じました。健康に感謝し、ドンドン歩きましょう。
皆様のお仲間に誘って下さり、早三年目。かなり体力はつきましたね。
ありがとうございます。
蘭子ちゃん
2015/03/31 18:45
もう3年目ですか、月日は早いですね。

76歳になられるSさんには私も脱帽・感心しています。
毎日登山ではないが、曜日を決めて週4日間2〜3時間の山歩きをされています。
それも400段近い階段を登り栂尾山〜横尾山〜須磨アルプス〜東山の往復、時には東山を通り越して板宿までの往復も、東山では会話仲間が数名集合されて談話、私もSさんに会えると思い時々東山へ訪れますが、これがSさんの健康・体力維持の源なのでしょうね。 

ですから今回のロング歩きも本人は平気です、帰宅時も地下鉄の駅からバスに乗らずに約40分間夜道を歩いて帰ると言われてました。 それだけならまだ驚きませんが時には自宅から今回のスタート地点である夙川まで約5時間かけて歩いて来る時もあると言われたのには声も出ませんでした。それに比べ70手前の自分はまだ若い、まだまだ頑張って山歩き継続、まぁ〜80歳ぐらいまでは全山縦走は無理でも半縦走は平気で出来るように・・・その為には継続して脚力・体力&健康維持に努めなければと、このような方を見るたびに思い・願う自分です。
う〜さん
2015/03/31 20:59
私にとって長くて辛い3年が過ぎようとしていますが、刑事事件も無罪放免となり、民事も6月8日をもって時効期限となりますから99、99%問題ない所まで来ました。春を迎えた事もあってここで自分の気持ちにはっきりと区切りをつけ、いよいよ山登りの再開です。
う〜さんのように精力的には行動できませんが、じっくりと納得のいく山を味わうつもりです。
あぶちゃん
2015/04/03 09:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
六甲山系:夙川の桜並木から北山公園・貯水池〜観音山〜奥池〜芦屋へ 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる