夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本百名山: 立山三山 (雄山・大汝山・富士ノ折立) - Part 1

<<   作成日時 : 2015/09/22 12:01   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 5

 
 昨夜は日本最高所の温泉に浸かり心身ともに快調だが2週間前から会話をすると咳が出るので出来る限り会話はせずに黙々と歩きました。 それにしても見事な風景で特に立山三山の稜線からは後立山連峰(五竜岳・鹿島槍ヶ岳・針ノ木岳)や北アルプス北部に君臨する岩と雪渓の殿堂「剱岳」、また東側の眼下には御前沢雪渓や黒部ダム、西側の眼下にはスタートして来たみくりが池〜室堂から地獄谷・雷鳥平・雷鳥沢が一望でき凄く堪能出来ました。

山歩記: 2015年9月15日(火)快晴 所要時間 9時間25分 歩行時間 6時間31分 19,726歩

行程:みくりが池温泉7:00→一の越(標高2690m)8:11〜8:21→雄山(2992m)9:11〜10:09→大汝山(3015m)10:31〜10:47→富士ノ折立(2999m)11:05〜11:14→大走りの分岐(2860m)11:49→真砂岳(2861m)11:52〜12:15→別山・南峰(2874m)13:04〜13:07→別山乗越・剱御前小舎(2750m)13:31〜13:45→雷鳥平・雷鳥沢キャンプ場(2270m)14:54〜15:11→みくりが池温泉15:50〜16:14→室堂ターミナル16:25

食事前に朝風呂に入り6時からの朝食も食欲旺盛、ご飯を大盛り2杯に沢山のオカズを食べて、もう昼飯抜きでも十分だ。 トイレもウオシュレットで快便、さぁ〜今日も楽しい1日のスタートだ。

眼下にはモウモウと湯気を上げる地獄谷を見下ろして7時ジャストにスタートすると、みくりが池に来てそこに安住している雷鳥にオハヨウと声をかけて室堂・一ノ越方面へ向かう。振り返ると みくりが池温泉。
画像

画像

立山室堂山荘が見えて来ました、此の山荘の横に木造の掘っ立て小屋が現存する日本最古の山岳宿泊施設で国の重要文化財に指定されていると知りました。
画像

しばらく進むと浄土山方面の道が右側にありますが、我々は一ノ越へと直進する。
画像

雪渓を歩く、朝ですから凍っていてバリバリと音がする、距離はないのでアイゼンは不要、この雪は一夏を過ぎても残っており、万年雪だろう。
画像

そんなに高度を上げたわけではないが振り返ると雷鳥沢や雷鳥平から地獄谷〜ミドリガ池・ミクリガ池、向こうの山並みは大日岳などが一望。
画像

一ノ越(標高2690m)まで登って来ました、此処には一ノ越山荘がある。
丁度此処は浄土山(2831m)や龍王岳(2872m)と雄山(3003m)の鞍部となっている。
此処からは微かに槍ヶ岳〜穂高連峰や富士山も見えます。
画像

此処から雄山への急斜面の登りでガレ場もあり、落石に注意して登らないと。
画像

同行人が一ノ越に到着、此処までは数分遅れで問題ない。
画像

雄山に向かって急斜面を登って行く、振り向けば眼下に一ノ越山荘、その向こうの岩塔の山は龍王岳(2872m)でしょうか?
画像

画像

此処までの間に、二ノ越、三ノ越、四ノ越、と有るのだそうですが、登っていて気付きませんでしたが雄山にある社務所の建物が見えて来たこの辺りが四ノ越かもしれません。
画像

雄山(2992m)の山頂に着いたが、同行人が来るまでの間、山頂から周りを撮影する、先ずは、この石段を登れば雄山の頂上で「雄山神社峰本社」がある、其処では500円を払い神主によるお祓いを受けることが出来ます。
画像

雄山から別山乗越への立山連峰縦走路は社務所の前を通り過ぎ峰本社を右手に見送って砂礫の道を緩やかに下って行く様です、向こうには大汝山が見える。
画像

一ノ越から登って来た場所に戻ると、一等三角点がありました。
画像

其処には山頂方位盤があります。
画像

後立山連峰の鹿島槍ヶ岳もはっきりと見えます。
画像

同行人が見えて来ました、間もなく雄山に到着しそうだ。
画像

雄山山頂から北は白馬岳から南は槍ヶ岳・穂高連峰〜笠ヶ岳・乗鞍岳方面までの合成写真、何分ど素人で上手く出来てませんが・・・(2回クリックされると最大画面になります)
画像

立山雄山神社本宮にて登頂記念として
画像

雄山からこれから行く大汝山、一番奥に見えるのが憧れの岩峰・剱岳
画像

同行人が山頂に到着後、雄山神社峰本社でお祓いを受けました。 その場で座り込み安全登山などのお祓いを受け、その時は気付かなかったが、座った場所には丸い小石が沢山あり、よく見ると小石にマジックで何か書かれていましたが、これらの小石は登山者が自宅近くの河原辺りで拾い願い事など書いて持ち込んだ石だと説明されました。確かに3000mクラスの山頂付近には例え小石でも、この様に丸みを帯びたものはありませんから理解できましたし、もし今後再び訪れる機会あれば、ぜひ持参したいものです。お祓いをして下さった神主さんにお礼を述べて。
画像

山頂から見下ろすと室堂平から雷鳥平まで一望、後方の山は大日岳と思われる。
画像

次は大汝山(立山三山では一番高い山)へ向かう。
画像

画像

大汝山へ向かっている時、振り返ると先ほどの雄山
画像

剱岳が段々近づいて来た感じだ。 手前の砂山の様に見えるのが真砂岳〜別山
画像

大汝山の山頂近くまで来ました。
画像

大汝山の山頂から黒部湖と黒部ダムが見えます。
画像

立山三山の最高峰 大汝山(標高3015m)の山頂にて。
画像

次の山である富士ノ折立を望む。
画像

大汝山から白馬岳もはっきりと見えます。(雪を被った様に、実際は花崗岩が白く見えるのだと思われるのが白馬岳)
画像

大汝山から富士ノ折立へ向かう。
画像

富士ノ折立の岩場を登れば山頂だ。
画像

富士ノ折立(2999m)の山頂
画像

富士ノ折立の山頂から振り返ると大汝山から此処までの道が解ります。
また大汝山の直下にある休息所も良く見えます。
画像

山頂から見下ろすと手前の雪渓は内蔵助カールにある万年雪と思われる、その向こうは砂山の様に見える真砂岳ですが、はっきりと山頂が解らない、真砂岳の右下には内蔵助山荘が見える。
更にその向こうが別山(南峰)と(北峰)、最後部が剱岳だ。
画像


これで立山三山を縦走したことになります。これからは真砂岳(2861m)〜別山・南峰(2874m)〜別山乗越(2750m)〜雷鳥坂を下り〜雷鳥平・雷鳥沢キャンプ場〜ミクリガ池温泉〜室堂ターミナルへと・・・さぁ〜何とか最終バスに間に合うように、頑張って歩こう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
真っ青な、空!最高です。みくりが池温泉は、最高でした。
今年は、雨にたたれ北アルプスは、来年に持ち越しですが、自分で初めて計画をたてる、楽しさもわかり、成長しました。
それにしても、結局3カ月山に行ってないとは、物足りない!来月こそ!近場の山に登ります!
らんさん
2015/09/24 10:47
らんさん はじめまして、 ひょっとして 何処かでお会いしているのでしょうか? 
私も今年は盆明け後の天気が悪く、計画通りには進みませんでした、本来ならば白馬三山、木曽駒〜空木の縦走なども考えていたのですが、同じく来年に持ち越しになりそうです。
ところで来月となれば山によっては紅葉登山になりますが、近場の山はどの辺りですか?
 
う〜さん
2015/09/24 11:31
蘭子ちゃんから、らんさんにかえます。関西の百名山さがしてるとこですが、時間がとれないので、難しいけど、秋晴れの中、ぱーと歩きたいですね。
らんさん
2015/09/24 15:54
歳のせいでしょうか?脳が働かず全く解りませんでした。
関西の百名山で日帰り可能なのは下記の山々です。
伊吹山・四国の剣山・四国の石鎚山・・・これらは2010年のブログ参照
大峯奥駆道の八強ヶ岳・・・2009年のブログ参照
大台ケ原・・・2008年のブログ参照、
前夜か朝早くスタートすれば十分日帰り可能です・・・楽しんで来て下さい。

う〜さん
2015/09/24 17:33
ボヤとした、ネーミングがいいかなと思いたち、びっくりさせてすみませんでした。
関西の山は、ちかすぎるかな〜と、物足りなく思案中でした。剣山はツアーでいったので。べっけんの石槌山、これがいいですね。
ブログ参照に検討してみます。
らんさん
2015/09/25 20:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本百名山: 立山三山 (雄山・大汝山・富士ノ折立) - Part 1 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる