夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本百名山: 群馬県北部に位置する 武尊山(ホタカサン)

<<   作成日時 : 2015/10/25 19:27   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

今夏は3000m級の百名山には4座しか行けなかったので、紅葉時期に群馬の武尊山と赤城山へ行ってきました。

神戸から武尊神社までは694qの長距離ドライブですから、滋賀・多賀SA(自宅より164q)−岐阜・恵那峡SA(294q)−長野・梓川SA(437q)−長野・横川SA(563q)−群馬・赤城高原SA(647q)にて休息・安全運転を心がけ翌日の朝5時49分水上IC(670q)、其処から約24qで裏見の滝駐車場(694q)に6時26分到着。

此処は群馬県でも北部に位置し、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の東征の故事に名をちなむ武尊山は、周囲の谷川連峰や尾瀬周辺の山々とは一線を画すようにそびえる独立火山峰だそうです。

剣ヶ峰山から望む武尊山 ↓
画像

水上町と言えば水上温泉や谷川温泉、それに上越国境の双耳峰で 「魔の山」 とも呼ばれている谷川岳は有名ですが、同じ百名山でも武尊山と言ってもあまり知られてないのがチョット寂しい気がします。

山歩記: 2015年10月20日(火曜日) 晴れ  所要時間 9時間15分 歩行時間 8時間01分

行程: 裏見の滝駐車場(標高約1100m)6:40→武尊神社6:43→剣ヶ峰山分岐(1285m)7:29→手小屋沢避難小屋(1645m)8:37〜8:47→武尊山(2158m)10:39〜11:13→剣ヶ峰山(2020m)12:25〜12:34→武尊沢でシューズを洗う14:28〜14:42→スカイビュートレイルで同行人を待つ15:12〜15:19→剣ヶ峰山分岐15:24→裏見の滝駐車場15:55 
(歩行時間としての詳細は 武尊山までの登り3時間49分、武尊山〜剣ヶ峰山までが1時間12分、剣ヶ峰山からの下りで〜剣ヶ峰山分岐までが2時間29分、剣ヶ峰山分岐〜裏見の滝駐車場までが31分)


駐車場には既に数台の車がある、キャンピングカーの横に止めてスタート、それにしても此の辺りで(標高約1100m)紅葉も満開で綺麗だ。 
このキャンピングカーの持ち主とは翌日の赤城山で出会いました。駐車が隣どおしでもあり、またお互いに同じ日に同じ山に登った関係からか、山話が尽きませんでした。
画像

数分行くと武尊神社があり安全登山を祈願。
画像

武尊神社より先は林道で車の進入はお勧めできないが自己責任で入る事が出来る。
私達は紅葉を楽しみながら林道を歩きました。
画像

駐車場から林道を歩くこと50分程で剣ヶ峰山分岐、此処から山道に入ります。
画像

周り一面が見事な紅葉で・・・ルンルン気分で歩けます。
画像

画像

ブナの原生林を見ながら山腹を緩やかに登って行く。
画像

画像

急な登りでも紅葉が素晴らしく、疲れを感じずに歩けました。
画像

尾根に出てしばらく進むと手小屋沢避難小屋(標高1645m)の標識があり、皆さんが休憩中で、私達も10分間ほど休息、10m程下にトタン屋根の小さな避難小屋が見えました。 
此処までが山道に入って丁度1時間8分で予定通りです。
画像

尾根歩きですが適度にアップダウンもありました。
画像

避難小屋の標識から尾根を登る事約50分程で鎖場に来ました。
画像

1人1人が登る為、下で待ち、多少の渋滞
画像

2回目の鎖場
画像

画像

画像

鎖場の付近はこんな感じ。
画像

3回目の鎖場
画像

此処までの鎖場ですが六甲山系の荒地山で鎖もロープもない岩梯子から比べれば問題なく登れます。
画像

鎖場を登り切ると視界が開けてきました。
画像

ようやく武尊山の山頂が見えて来ました。この様な眺めは2014年10月に登った甲武信ヶ岳を思い出しました。
画像

武尊山(2158m)の山頂には10時39分で駐車場から此処までの歩行時間としては3時間49分で予定よりも19分遅れている。

独立峰ですから展望よし、また山頂も比較的広く、大勢のハイカーでも昼食休憩が可能。
谷川岳をはじめ、巻機山、苗場山、至仏山、日光白根山、皇海山、赤城山などの北関東から上越にかけての名だたる峰々が見渡せると事前調査で知っていたが、今日のように天気の良い日には何故か霞んで遠くは見えにくい。 私達も此処で昼食休憩を11時13分まで。
画像

団体さんが次に目指す槍のように尖った剣ヶ峰山方面を見下ろしながら昼食中。
画像

武尊山から剣ヶ峰山までの稜線が望めます、また食後に歩くルートです。
画像

武尊山の南斜面を急降下して来ました。
画像

後ろを振り返ると、いつの間にか後続組に追いつかれそうです。
画像

少し尖った剣ヶ峰山まで幾度となくアップダウンがあり、まだまだ時間がかかりそうだ。
画像

剣ヶ峰山の頂上にハイカーが見える、あと何分ぐらいで到着かなぁ〜?
画像

剣ヶ峰山の山頂手前約100mに武尊神社への下山道分岐があり、山頂へは左へ進むが其処からは大小の岩場・ガレ場の急登です。

武尊山から1時間12分、予定より12分の遅れで剣ヶ峰山の山頂です。空き地もなく、しいて言えば山道のスペースのみ、途中で追い越された団体さんのハイカーで一杯、此処にはゴヨウマツやシャクナゲの木が生い茂り、既に芽が出ていました。

見上げれば武尊山(2158m)でその右隣が中ノ岳(2144m)と思う。
画像

剣ヶ峰山から武尊神社まで下り一辺倒ですが、途中の武尊沢までが急坂で尚且つ木の根や段差が多く、非常に歩きづらい、その上に、雨が降ってなくとも、土が湿っており粘土の様で滑りやすく・・・ホント悪路で下山の苦手な同行人には想像した以上に時間を要しました。
今まで42座の百名山を歩きましたが、こんな悪路は初めての経験でした。
画像

画像

画像

画像


画像

ようやく悪路から脱出、同行人は1時間半ほど神経を使い疲れ果てたようだ。
画像

此処までの途中で武尊沢があり、14時28分〜14時42分まで汚れたシューズを洗いました。
沢を過ぎれば朝歩いた剣ヶ峰山分岐に近いだろうと思ったが、何の何のまだまだですが、このようなモミジの紅葉を見ると多少は癒されます。
画像

朝歩いた剣ヶ峰山分岐には15時24分通過、事前調査では剣ヶ峰山からこの分岐までが1時間30分となっていたが、私達の足では2時間29分かかっていました。確かに足元に気を付けてゆっくり歩きだったのですが、それにしてもこの悪路を1時間30分で歩けるのだろうか? チョット疑問マークがつきます。

此処からは知った林道ですから、私は自分のペースで武尊神社まで歩きました。 
朝の紅葉と夕方の紅葉は太陽の日差しなのか少し違って見えました。
画像

画像

画像

画像

駐車場に戻ってくると、私の車だけで、一番遅かった様でした。 
シューズを履き替えて、車に乗り同行人を迎えに武尊神社から林道へ入るつもりでいましたが、自己責任や道義上を考えると進入しがたく、神社前で待っていました。
画像

同行人が下山して時刻を見ると16時10分を過ぎており予定時間より1時間ほども遅れているので、急いで水上温泉・松乃井へと向かうが途中でガソリン給油マークが点灯、メーターを見ると713qも補給なしで走って来たのですから・・・で水上町のガソリンスタンドで満タンにしてホテルには16時51分到着。

水上温泉・松乃井は2回目で2013年10月に谷川岳登山後にお世話になりお気に入りです。
3か所の温泉に入り、美味しい食事でマン満足の1日でした。
明日は赤城山で、此処から登山口までは約1時間半ぐらいですが、山小屋の様に朝早くスタートすることなく、ゆっくりと過ごし松乃井をスタートする予定です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
紅葉がきれいで、目の保養になりましたね。
悪路はいやですが、癒やされる山行になったのでは。
お元気そうで何よりです。
トンキチ
2015/11/13 10:43
トンキチさん、
お久しぶりです。貴方の行動力には感心致しています。
夏山登山も終わり、晩秋〜初冬の候、人間に例えれば70代でしょうね、日照時間も短くなり、なんとなく寂しくわびしい季節で、青春時代のような春を待ち焦がれています。
最近の私は歳と共に悲しいですがスローダウン、皆さんの記事を読みながら、何とか継続をしていかなければ・・・
う〜さん
2015/11/16 05:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本百名山: 群馬県北部に位置する 武尊山(ホタカサン) 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる