夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊野古道: 湯峰温泉から大日越で大斎原(旧社地)へ

<<   作成日時 : 2016/04/04 06:37   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 1

 十津川温泉や湯峰温泉の泉質は私のお気に入りで、何回でも入浴したくなります。
今朝も露天風呂に入り、心身ともに満たされました。

山歩記: 2016年3月30日(水)  晴れ  大日越ルートの歩行時間 約1時間

行程:湯峰温泉8:53→大日越登山口→湯峰王子9:00→鼻欠地蔵(標高約300m)→月見ヶ丘神社9:34→下山9:50→大斎原・旧社地→熊野本宮大社前バス停→(奈良交通)→近鉄・大和八木駅へ→各人帰路(若狭方面・神戸方面)へ

今日の大日越は1時間ほどの山歩きですから、時間的余裕あり朝食後ゆっくりと休息し、9時前に旅館をスタート、壺湯の横から大日越ルートに入るが、この時にヨーロッパ系外国人の男女数名と出会う。
朝の散歩程度に考えていたが、直ちに急登の始まりで少し驚きました。
画像

湯峰王子で外国のご婦人がお祈りをされていました。此処は日本なのに日本人のハイカーには遇わない。
画像

根っ子道の急な登りで前方に2人が見える。
画像

登って行くと山道を管理されている2人の人に出会って山林関係に詳しい玉ちゃんが話しながら一緒に歩くので私は聞き入ってましたが、山ちゃんはいつの間にか前方で見えなくなってしまった。

登り切って少し下った場所に月見ヶ丘神社があり、管理をされている人と休息しながら話していると、また外人さんが来ましたがヨーロッパ系だ。
画像

下って行きます。
画像

国道168号線に下山(大日越登り口)で大斎原(熊野本宮大社旧社地)も目の前です。
画像

大斎原に入りましたが、桜もほぼ満開。
此処は熊野川の中州だったと思います、昔このような中州にどうして建てられたのでしょうか? 大水害など考えなかったのでしょうか? ・・・ と思いつつ見て回りました。
画像

『 蘇 』 ・・・ 何となく好きな文字・言葉だ。 
画像

黒い鳥居、八咫烏の色にされているのでしょうか? それにしてもドデカイ。
画像

熊野本宮大社前から一路関西へ戻るのですが、奈良交通のバスは11時20分発、約1時間ほど余裕があったので、世界遺産熊野本宮館・熊野本宮観光協会に入り色々な資料・展示を見て回りました。その時に知ったのが山本玄峰老師でした。

11時過ぎにバス停へ行くと近くにお住いの我々世代のご婦人が孫を見送りに、また丹沢山系(神奈川県)からのご婦人の旅人がいらっしゃり、交えて会話をしましたが、近くにお住まいの方は、まぁ〜よくしゃべられます・・・語り部さんの様でした。
アラスカでのオーロラの話まで聞かしてもらいました。バス待ちの時間も退屈することなく楽しい一時。

これから約5時間のバスの旅・・・ 谷瀬の吊橋でも約20分の休憩がありましたが、来る時に渡ってますから、近くを散策していると、こんな 看板を見ました。 『 この村を たずねる人に やすらぎを、去りゆく人に 幸せを 』
心優しく、何となく 癒され 嬉しく 幸せな感じに させてくれます。 世界何処かで絶えず内戦・内乱などが起こってますが、この看板のように 静かで平穏・やすらぎ・幸せな社会・世界に ・・・願わずにはいられませんでした。
画像

3人の最終言葉・合致は ” 良かった・楽しかった ” この様な 山歩旅・温泉旅・飲み旅 は毎年継続しましょうで一致・・・あっ〜と言う間に過ぎた3日間でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「去りゆく人に 幸せを」いい言葉ですね。
良い旅を終えてこれを見たら感動しますよ。
ひとり山歩き倶楽部
2016/06/02 18:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
熊野古道: 湯峰温泉から大日越で大斎原(旧社地)へ 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる