夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士山に近く首都圏に寄り添うドデカイ山塊ー丹沢山

<<   作成日時 : 2017/05/29 07:06   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

小田急沿線の秦野市の大倉から標高差約1200mと長い登りが続く大倉尾根(通称バカ尾根とも呼ばれている)を登り塔ノ岳(標高1491m)から丹沢山(1567m)をピストンしました。 3月末に訪れた時には雪が降り山肌は真っ白だったので中止しましたが、今回は夏空の感じで登山日和の1日でした。

山歩記: 2017年5月21日(日曜日) 快晴 所要時間 8時間57分 歩行時間 7時間25分 約31,000歩 約21q

行程:大倉山の家(標高約300m)7:22→(18分)→観音茶屋7:40→(16分)→見晴茶屋7:56→(30分)→駒止茶屋8:26→(15分)→堀山の家(標高956m)8:41→(46分)→花立山荘9:27〜30分→(29分)→塔ノ岳(標高1491m)9:59〜10:08→(64分)→丹沢山(標高1567m)11:12〜11:45→(61分)→塔ノ岳に戻る12:46〜13:00→(間違って表尾根を下る、花立山荘だと思っていたら様子が違うので、此処で初めて間違いに気づく、この間23分)→木ノ又小屋13:23→(23分)→塔ノ岳に戻り大倉尾根を確かめる13:46〜48分→(21分)→花立山荘14:09〜19分、暑いのでカキ氷を食べる→(26分)→堀山の家14:45→(16分)→駒止茶屋15:01→(23分)→見晴茶屋15:24〜38分、トイレ休憩とヤビツ峠〜表尾根から登って来た埼玉の青年と会話→(15分)→観音茶屋15:53〜16:00 体を冷やす為再びカキ氷を食べる→(19分)→大倉山の家の駐車場16:19

県立秦野戸川公園にある大倉の無料駐車場に6時36分到着したが、何と駐車場がオープンするのは8時からとなっており驚いた。 無料駐車場なのにゲートが有り入れないとは!!!・・・登山者にとっては朝早くスタートしたいのに・・・対面に24時間利用可能なコイン駐車場もあるが満車で入れず、やむなくゲート前に車を止めて待っていました、その間 渋沢駅から朝一番のバスで乗って来たハイカーが大勢いたのでこの先に駐車できる場所がありますかと尋ねても知らない人ばかり、また此処のビジターセンターで働いている人に民営の駐車場を訪ねるが知らないとの返事で、あきらめかけたが、もう〜我慢できず登山口方向へ車を走らすと、1分も走らないうちに有りました民家の駐車場が、500円でしたがお金の問題ではなく、時間が大切だ。 直ちに駐車して500円払い7時22分登山スタート、約40分程貴重な朝の時間をロスしたが、気を取り直して急ぎ足で登って行きました。

丹沢大山国定公園の石柱が見えて、登山道への分岐、標識には此処から塔ノ岳迄6.4qだ。早ければ2時間少々かな? 但し私は初めてですからペース配分が解らず、無理のないペースで歩く予定。
画像

スタートから18分後の7:40分 観音茶屋を通り過ごす。
画像

見晴茶屋で眼下には秦野の町だと思うが、34分後の7:56分通過する。
画像

なだらかな登りが続きます。
画像

木道ですが、横板の間隔が自分の歩幅に会えば歩き易いが、そうでないと歩き難い。
画像

階段もあり、登り道よりも疲れる感じだ。
画像

平坦な尾根に来ました、休息用ベンチもありますが、只今8:14分でスタートしてから52分しか過ぎてないから休息は早すぎる。
画像

駒止茶屋には8:25分、スタートして1時間少々ですが体が休憩を求めていない。
画像

堀山の家に8:41分、まだ休憩することもない。
画像

ガレバもありましたが、別に問題なく、全般的には歩き易い山道です。
画像

またまた階段が現れました、階段の横を歩く方が楽だ。
画像

戸沢分岐に来ました、時刻は8:58分、此処から天神尾根に繋がっているらしい、大倉バス停から此処までが5.2qと表示されているが1時間36分で登って来たが、此処から塔ノ岳は直進で1.8qと表示されているが、これからが傾斜がきついらしいから1時間位かかるのかな? 
画像

マタマタ階段が・・・10年ほど前ですが富士山に登った時に、ガイドさんが階段の上り下りが一番良いトレーニングになると言っていたのを思い出しました。 私の家の近くの山にも300〜400数段の階段を登る個所が2か所あり週2〜3回歩いているが、大倉尾根の階段はピッチが均等でないので疲れやすい。
画像

此処の階段はピッチが長い。
画像

石道もあり、バリエーション豊かだ。
画像

眼下には秦野市の町と思うが?
画像

富士山が見えて来ました。(ズームですが)
画像

花立山荘に到着、只今9:27分ですからスタートから丁度2時間05分経過、でもまだ休憩したいとは感じない、山荘前は小広場になっており、眺望が良いので3分間ほど写真撮影。
画像

山荘前からの眺望
画像

花立山荘から約30分程で塔ノ岳山頂に来ました。 時刻は9時59分ですからスタートから距離にして約7qを2時間37分でした。此処までの間にトレランの方々に追い抜かされましたが、トレランならば1時間台で登れそうだ。

大倉尾根、確かに階段が多く時にはもういい加減にしてと思いましたが、歩きなれれば、その様には感じなくなるのではないでしょうか。 
画像

山頂には狗留尊仏如来が祀られていました。また山小屋(尊仏山荘)もあり、冷えたお茶を購入。
画像

山頂から富士山が綺麗に見えます。もっと近くて大きく見えると思っていたが以外と遠く、小さく見えました。
画像

塔ノ岳(1491m)の山頂には4か所からのルートが有り、登って来た大倉尾根ルート、ヤビツ峠からの表尾根ルート、 丹沢山・蛭ヶ岳方面への丹沢主脈ルート、ユーシン・玄倉方面ルートがあり、標識もあり助かります。
10時頃でチョット早い時間帯なのか日曜日にしてはハイカーは少ない。
画像

山頂からこれから向かう丹沢山を撮影、写真中央の小さなコブのようなのが丹沢山(1567m)で左側が蛭ヶ岳(1673m)で丹沢山系では一番高い山である。
画像

塔ノ岳から急斜面を下り終えましたが、帰りは急斜面の登りなると思うとチョットキツイ感じがする。
画像

やはり日本一の富士山を見ると、何となく安らぐ感じ。
画像

塔ノ岳をスタートしたのが10:08分でしたから丁度22分後の10:30分ですが振り返ると先ほど居ました塔ノ岳山頂が意外と遠くに見える。
画像

日高に来ました、塔ノ岳から1.1q歩いて来たが何と26分経過していて10:34分、塔ノ岳を過ぎてからは気が抜けたのかペースはダウンしている、此処から丹沢山までは1.5qらしいがこの調子ならば到着までは約35分として11:10分を過ぎそうだ。気を抜かずに歩け!!・・・ とハッパをかける。
画像

眼前の小山のようなのが丹沢山でしょうか? 
画像

富士山を左に見ながら進みます。
画像

丹沢山(1567m)山頂に到着、只今11:12分、可愛い山マークの山頂表示。
画像

丹沢山山頂は意外と広いですが塔ノ岳に比べてハイカーが少ない感じだ。 熱中症にでもなったのか、それとも水分補給し過ぎたのか、食べやすいクロワッサンですが、なかなか喉を通らなかったので、みやま山荘でコーヒーを注文し、ペットボトルのお茶、登山バッジの購入をしました。
画像

丹沢山塊の主要ルートの紹介板があり、カメラに収め保管しました。 色々なルートを歩く時に参考なると思います。
画像

山頂広場には富士山をバックにお地蔵さんも祀られております。
画像

丹沢山の山頂を11:45分スタートして12:46分に塔ノ岳に戻りましたが、この時間帯になるとハイカーが増えていました。尊仏山荘でお茶のペットボトルとバッジを購入して下山に向かいますが、此処でとんでもないミスをしてしまいました。
画像

塔ノ岳の山頂には2か所からのルートがあるのを忘れていて、何も考えずに13時ジャストに歩きだしたのが表尾根ルートでした(下の写真の通り)。 直ちに石ころ道の急斜面でしたが、あまりの暑さに頭がボーとしていたのか大倉尾根を登って来た時の記憶も忘れ、間違っている事も気が付きませんでした。
画像

とにかくドンドンと岩場・石ころ道を下って行き、ようやく茶店があり良かった花立山荘だぁ〜、暑いからカキ氷を注文して食べるぞ〜と思っていたら山荘が全く違うのです。 中に入って尋ねると何と「木ノ又小屋」で表尾根に下っていました。 急に疲れがドーと出ましたが、時計を見ると13:23分、気を取り直して塔ノ岳に引き返しましたが登り一辺倒ですから13:50分までには塔ノ岳へと一生懸命登り返しました。

必死に登り塔ノ岳には13:46分戻って来ました。 此処で良く標識を見ると、大倉尾根ルートはこちらでした↓の写真。
画像

大倉尾根を下って行くと、ようやく登って来た時を思い出し、ホット一安心して軽い足取りで花立山荘には14:09到着、待ちに待ったカキ氷を注文して火照った体内を冷やしました。

花立山荘を14:19分再スタートして堀山の家を14:45分通過、駒止茶屋15:01分通過、見晴茶屋に15:24分到着、初めてのトイレ休憩、また埼玉の青年と山話、彼はヤビツ峠から表尾根を登り塔ノ岳〜大倉尾根を下山中でした、表尾根に比べて大倉尾根は登りの場合キツイ感じがすると言ってました。下山後は小田急で新宿まで行き埼玉へ帰ると言ってましたが2時間半ぐらいで帰宅できるそうです。

お互いに会話していても下山できませんからストップして15:38分再び歩き出しましたが、体が火照り暑く感じたので観音茶屋でまたカキ氷を食べました、何だかんだと途中下車しながら大倉山の家に帰って来たのが16:19分でした。 此処でも体が火照るので水のペットボトル2本1000tを飲んでしまいました。 今日1日でお茶・スポーツドリンク・水などで3.5リットル(7本)飲んでいました。

今回の山行では総距離 約21q、累積標高差は登り下り共約1756m+約100m(塔ノ岳〜木ノ又小屋)で合計 約1856m位ですが、普段歩いている神戸の六甲山系で言えば全山縦走の約半分である須磨浦から学校林道分岐までが22.5qで、累積標高差は登り約1940m 下り約1410mで、下りが足らない分は学校林道分岐から折り返して新神戸駅まで戻れば、距離は26.6qで累積標高差の登りが1970m下りが1960mになりほぼ同じぐらいになると思われるから、六甲縦走されている方はだいたい想像できると思います。丹沢山系は初めての登山でコース配分が解らず、また非常に暑かった関係か六甲縦走よりも疲れた感じでしたが、慣れれば疲労感もなくなるかもしれません。

これから車で箱根の小涌谷へ向かいますがカーナビを設定すると約34qで到着予想が17時40分頃になっていましたので、家人に連絡を取り、先にホテルに入っていてと言ったら、既に到着して温泉入浴もしたとの事でした。よって夕食は20時からの予約にしてくれていましたので、到着後 ゆっくりと温泉に入り、夕食は約1時間30分かけてお腹一杯に・・・いや〜満足した1日でした。

明日は箱根関所・大涌谷、ガラスの森などの観光をして一路関西へと向かいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士山に近く首都圏に寄り添うドデカイ山塊ー丹沢山 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる