夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 九重連山・平治岳へ ミヤマキリシマ観賞登山

<<   作成日時 : 2017/06/20 21:37   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

九重連山(15座)の平治岳へ山一面満開のミヤマキリシマを見に訪れました。
以前には上記の15座の内の星生山・久住山にも訪れています。

山歩記:2017年6月16日(金) 曇り後晴れ 所要時間 4時間46分 歩行時間 4時間

九重の平治岳は山一面がピンクで綺麗でした。(参考までに関西では大和葛城山で真っ赤なツツジ
画像

行程:男池登山口8:27→ソババッケ9:12→大戸越10:03〜10:07→平治岳10:54〜11:07→(途中昼食休憩)→大戸越11:55〜11:56→ソババッケ12:30〜12:33→かくし水12:52→男池登山口13:13

平治岳や大船山登山では最短ルートの男池から登山開始、此処までは大分港からレンタカーで約40q(1時間20分程) この時期ですから男池駐車場(約200台可能)は満車ではないかと心配していたが、意外と少なかった。

日本名水百選「男池」は水温年中12.6℃で湧出量は1日2万トンだそうです。黒岳男池周辺清掃協力金〈¥100)を支払って登山開始(8:27分)
画像

橋を渡り、直ちにガレバ登りになりました。(8:28分)
画像

9時12分ソババッケ到着、丁度その場で男女6名程のグループに出会い、写真撮影を依頼された。
九州の久留米市からの方々で同世代だ。 さらに登りが続き9:39分(登山開始後1時間12分)ですがまだまだ樹木の中です。
画像

またまたガレバ登り(9:51分)石は乾いているから問題ないが雨降りの日は滑りやすく大変だろう。
画像

今迄と違って変わった樹木が現れました、また地面の土も黒い粘土の様で以前に登った阿蘇の根子岳の土に似ている。
画像

ようやく大戸越に到着(10:03分) 此処は平治岳と北大船山との鞍部にあたる場所と思われる。
右手は平治岳でミヤマキリシマが見える。
画像

平治岳へは登りと下りは別々の道になっており、登り専用路を利用して登り始めます。(10:07分)
画像

登っている途中に見下ろすと大戸越とその向こうには北大船山(10:14分)
画像

平治岳で一番の岩場でロープが、思った以上に困難な岩場上りでしたが、後で解ったのですが、岩場を登らず迂回路が有りました。(10:16分)
画像

迂回路を登って来られるハイカー、また眼下には坊がツル や 三俣山 が見えます。 平治岳は想像した以上に急斜面なのがこの写真でよく解ります。(10:22分)
画像

ミヤマキリシマの群落を撮影しながら、ゆっくりと登ります。(10:22分)
画像

振り返りると、遥か下に大戸越が小さく見え、その間にはミヤマキリシマの群落・・・其の中を登って来たのです。(10:30分)
画像

平治岳の山頂は目の前ですが此処に大きな岩があり登って周りを撮影しました。(10:42分〜48分)
画像

平治岳の山頂が見えて来ました。(10:48分)
画像

山頂ももう直ぐだ。(10:50分)
画像

平治岳の山頂に到着し、三俣山方面へ少し下って行きました。(10:54分)
画像

平治岳の山頂に戻り記念撮影(10:56分)
画像

山頂より下り見晴らしも良く、座り心地の良い場所で昼食休憩を約25分程。(11:13〜11:38分)
画像

画像

大戸越へ降りて来ました。(11:54分) 此処は十字路で北大船山から大船山への登り道、坊がツルへの下山道、ソババッケ〜男池への下山道、今 歩いた平治岳への登り道・下り道
画像

大戸越は鞍部で少しの広場もあります。此処にリュックを置いて平治岳に登る人もいます。(11:55分)
画像

当初は此処から北大船山〜大船山までピストンする予定でしたが、平治岳のミヤマキリシマの群落で満足。
早く下山して九重星生ホテルで4種類の源泉に入れる山恵の湯にゆっくりと入りたくなり、急遽男池に向かって下山開始・・・登って来た道を下りますから、多少は速足になり ソババッケ(12:30〜12:33分)〜かくし水(12:52分)〜男池の駐車場に13:13分下山しました。火照った体を癒す為、お店で冷えたものを食して、約14qドライブして長者原の少し先にある星生ホテルの山恵の湯へ、其処の大展望露天風呂には4つの源泉(28℃の硫黄泉・94℃の単純泉・17℃の冷鉱泉・47℃の酸性緑礬泉)があり、露天風呂からは三俣山を眺めながら、ゆっくりと2時間近く、心ゆくまで浸かりました。

同世代で下関からのご夫妻も此処がお気に入りで何度も足を運ばれており、星生温泉から湯布院温泉や黒川温泉などで話が弾みました。また関西方面から車で九重へ来る場合は小倉JCTから行橋市〜中津〜宇佐市を走る高速道を利用して日出JCT〜湯布院ICまで来るのが一番ベストだと教えてくれました。

入浴後は一路 湯布院方面に向かい、やまなみ街道をドライブし途中からR210を走り、大分港へ、サンフラワーに乗船し夕食後 いつの間にか眠ってしまい、目が覚めた時は明石海峡大橋近くでした。

今回の乗船料は往復1万円ポッキリで船旅も良いなぁ〜 ・・・ ゆったり・のんびりの2泊3日でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
九重連山・平治岳へ ミヤマキリシマ観賞登山 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる