夢追人のターゲット ”77−88”

アクセスカウンタ

zoom RSS 六甲山系: アジサイ ロードを往く

<<   作成日時 : 2009/07/04 22:59   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

 
 今朝早く目が覚めたので、ちょっとアジサイ見物でもと思い歩いてみました。

 新神戸駅       8時22分

 市が原・桜茶屋   8時56分      3,058歩

 摩耶・掬星台    10時01〜10分   8,702歩 (アジサイ撮影)

 ガーデンテラス   11時32〜54分   17,612歩 (昼食休憩)

 一軒茶屋      12時36〜38分   22,109歩 (トイレ休憩)

 太平山NTTドコモ中継所
             13時38〜48分   28,177歩 (軽食休憩)
       
 塩尾寺        14時37分     33,990歩

 宝塚ゴール      15時01分     36,622歩

   総距離 : 約27km    正味歩行時間 : 5時間56分

新神戸駅から3分でこの光景が・・・昨夜の雨で勢いを増して男性的だ、枯れることなく、何時までも・・・こうでありたいものだ、布引の滝には新神戸駅から順番に雌滝(19m) 鼓滝(8m) 雄滝(43m) 夫婦滝(9m)の4滝を言う、↓の写真は雌滝

画像

 雌滝の滝壺から流れ落ちるこの光景が滝以上の迫力を感じるが・・・
画像

 これは布引の滝でスタートから9分後、1枚の写真には入りきらず、これは2枚を合成しました, ↓上の滝が雄滝で落差43m、滝壺の深さが6.6m、下が夫婦滝で落差9m

画像

 これは滝と思うが、絶えず流れてないので名前はないと思っていたが数年前に名付けられた 「五本松かくれ滝」 布引貯水池から水が溢れた時に出来る滝でこの時期は見応えがする

画像

 スタート時間が早いのか何時もの土曜日にしてはハイカーが少ない、歩きやすくて好都合だ、市が原の桜茶屋には5〜6名のハイカーが休憩していた・・・ 今日は普段よりは多少ユックリズムで歩いてみよう、稲妻坂から天狗道を通り摩耶・掬星台まで快適な歩き、勿論汗は出るがそんなに暑いとは感じない、掬星台近くからはアジサイが迎えてくれて・・・・ これぞアジサイ ロード と申しましょうか・・・・ アジサイのオンパレードで一軒茶屋まで

画像

 最近はトレイルランの方を結構見かけます、歩きでは物足りなくて・・・でしょうか? 私も挑戦してみようか? いゃ〜 年寄りの冷や水は・・・ 止めとけ〜 ・・・ って言われそうだ

画像

 ガーデンテラスで昼食、今日は曇り空と水蒸気?のような・・・霞んでいて遠くは見晴しは悪い・・・が近くは良好
画像

画像

 ガーデンテラスにはそこそこのハイカーと観光客、特に岡山ナンバーの観光バスが5台、窓には六甲山アジサイロード巡りと書かれていた、何とアジサイを見に来てくれているのだ、ありがとうの感謝の一言
 ガーデンテラスで昼食を済ませ、極楽茶屋跡〜六甲山・一軒茶屋へ、時刻は12時36分で有馬温泉や阪急・芦屋川や岡本、御影辺りから登って来られたハイカーさん達が広場で昼食中、また一軒茶屋を覗くと何と満員(50名ぐらい)これにはビックリ

画像

 一軒茶屋からはナダラカな長〜い下り12kmの山道が宝塚まで続いている

画像

 一軒茶屋を過ぎてからは神戸市ではなく芦屋市〜西宮市〜宝塚市となりアジサイは一切見かけなかった、またハイカーも殆ど見かけず宝塚から登って来た10名ぐらいの小学生一行のみであった。

 今日は比較的 無心で歩いていたのか、何時の間にやらポイントを通過していて、メモ書きを忘れていた時があった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっとアジサイ見学で27kmですか?
最近サボり気味の私には耳が痛い話です。
いや〜 凄いです。
Nobita
2009/07/05 00:38
昨日、滝田栄さんとチンチンまでずぶ濡れになって山から下りて来ました<su−>
su-
2009/07/10 21:41
見ましたよ、凄い風雨の夜をずぶ濡れで耐え忍びながらも笑顔を絶やさないエンドレス・G・チームですが、その日に限ってはエンドレス&クレージー・チームとでも言いましょうか、気の合った仲間同士だから出来る、またそのバイタリティーには・・・恐れ入りました、何時までも永遠・エンドレスで・・・。
う〜さん
2009/07/11 07:49
あの時の山菜が大好評で、ちょっと稼がせてもらいました。
そのお陰でお酒を美味しく頂戴しています。
私の山菜調理レシピをチョットだけ載せてみました。
次号を楽しみにしています。オヤスミナサイ‥‥‥‥。

su-
2009/07/11 21:22
東京からのお客さんですね、それにしてもご婦人方はお強いし理解あるアッシーさんをお持ちで・・・私には出来ないかも?
山菜調理レシピ非常に参考になり家内も読んでいます、問題はどれが食べられる山菜なのか判断ができなくて・・・


う〜さん
2009/07/12 04:34
今月号の山渓に私の昔々の苦労談が載りました。見てください。
                      by<su−>
su-
2009/07/12 07:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
六甲山系: アジサイ ロードを往く 夢追人のターゲット ”77−88”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる