六甲山系 : 冬季は山寺尾根を登り黒岩尾根を下るのがベター

 年初めの1月は暖かいタイ・チェンマイ遠征を控えていたので山歩きして万一、風邪にでもかかってはと思い自嘲していたが無事終え帰国、そろそろ山行の開始・・・今年は氷瀑を見たくとも有馬温泉からの紅葉谷道が崩落で通行止めでもあるし、またこの程度の冷え込みでは氷瀑は期待できそうでもない、それに代わるとすれば六甲山系でも比較的急斜面の山寺尾根と黒岩尾根を歩くのが一番ベストと思いトライしました。

山歩記: 2015年2月3日(火) 曇り 所要時間 6時間18分 歩行時間 約5時間

行程:阪急六甲9:00→護国神社9:13→9:30永峰堰堤9:36→山寺尾根取付9:47→11:15掬星台11:52→黒岩尾根に入る→旧神戸市界標石13:00→トエンテイクロスに下山13:51→桜茶屋14:07→14:29布引貯水池14:36→布引滝(雄滝・夫婦滝)→(雌滝)→新神戸駅15:18

徳川道で此処から山道に入る所に永峰堰堤があります、昭和16年完成となっており、六甲山系に653基いやもう少し増えているかもしれないが、砂防ダムの中でも比較的古い堰堤と思われます。
画像

永峰堰堤から歩くこと3~4分で杣谷堰堤があり、六甲山地の138番目の堰堤として昭和31年に完成。
画像

ただ一つ理解できないのが同じ杣谷川にある堰堤なのにどうして永峰堰堤と杣谷堰堤と名付けられたのか?
この辺りには長峰霊園や長峰中学などあり、長峰と名付けず永峰となってもいるのも何か訳があるのだろうか?

そもそもこの六甲山系に多くの砂防堰堤が造られたのは昭和13年の阪神大水害ではないでしょうか、
この堰堤前にもその当時の写真などが掲載されています。
画像

画像


まぁ~いずれにしても、上流が杣谷川で下流には六甲川と合流して都賀川となっている、この都賀川流域では46基の砂防堰堤が完成しているが此処で思い出すのが2008年7月28日で、このような多くの堰堤があったにもかかわらず、どうして鉄砲水が流れて来たのでしょうか?

ついつい話がそれました、本題に戻り・・・杣谷堰堤から徳川道を少し登って行くと、山寺尾根への分岐があります、まだこの上の場所で新たな堰堤が造られていると見えて機材運びの為のロープが走っています。
画像

山寺尾根は急な登りが続き暑い夏場は敬遠されるが、冬季にはトレーニング場所としては最適です。
画像

尾根に出ました、此の辺りで標高約400m、前方に上野道から登って来た時に通過する摩耶ケーブル・摩耶ロープウェーの虹の駅が見え、この場所は休憩には最適です。
画像

休息後、更に登って行く
画像

左に大きな岩があり横切りながら進む
画像

この標識を見ると、ほぼ掬星台に到着した様なものですが、此処から標高差100mで距離にすれば約300mの急登です。
画像

必死になって登れば5~7分程ですが、ゆっくり登れば13~14分で到着可能。
画像

掬星台で昼食、メッチャ寒い、場所によっては雪が解けずに凍っていて滑りやすい個所もありました。
熱いラーメンを食べたが、指先が寒さで痛い・・・早々に引き揚げて、黒岩尾根へと向かう、此処でホッカイロを出して手袋の中に入れて手のひらから指先を温めながら歩きました。
画像

摩耶山・掬星台からの黒岩尾根は基本的には下りですが、所々で登りもあります。
画像

下りも急斜面でブレーキを掛けながらですから、膝に堪え楽ではありません。 逆に登る場合は良いトレーニングになります。
画像

途中でまた新たな3つの砂防ダムが見えました、方角からして地蔵谷辺りでしょうか? 完成近いと思われる。(654~656基目になるのでしょうか?)
画像

ようやく黒岩尾根からトエンテイクロスへ降りて来ました。
画像

トエンテイクロスから市ケ原・桜茶屋を経て布引貯水池へ、此の池の水を止めている布引五本松堰堤は日本最古の重力式コンクリートダムで1900年(明治33年)に建設、 阪神大震災の影響で一部漏水した為、2001年度から数年かけて堤体の耐震補強などされましたが115年を経た今日まで神戸市民の貴重な水源貯水池です。
画像

堰堤の横には隠れ五本松の滝があります、今日は1本ですが水量が多い時は2~3本の滝になります。
画像

雄滝茶屋まで降りて来ました、昨年で100周年を迎えられ、おめでとうございます。
暑い夏場には必ず此処で休息して滝を見下ろしながらのビール、春・秋にはビールにオデンが美味しく、
ハイカーには非常に有り難い茶店です、いつまでもお元気で我々ハイカーに安らぎ・憩いの場として・・・
画像

布引の滝で雄滝
画像

布引の滝で夫婦滝
画像

更に下って行くと、鼓滝
画像

最後は雌滝(新神戸駅から一番近く歩くこと4~5分程度)
画像

雌滝からの水をくい止めている雌滝取水堰堤でこれも1900年(明治33年)に造られた。
画像

画像

今日は同行人と ゆっくり のんびり の山行でした。
さぁ~これからもボツボツ行動開始・・・寒さに負けず、ついつい楽なコタツとテレビのお守は止めて、外に出かけよう・・・認知症対策にもなるはずだ。 

でも本心は早く暑い夏が来て~ !!!  夏山登山を待ち望んでいる。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック